クッシング(副腎皮質亢進症)発症から4年が経過

今回のコルチゾール検査の結果は、一年前に比べ、ちょっと悪かったです。

ですが、そもそも、クッシング症候群であるというのに、検査を一年に1回だけでいいという状態であるということ、それ自体がいい経過をたどっている証ともいえるので、さほど心配はないものと思います。先生からの指示も、お薬の投与回数を少し増やしてみましょうという程度のものでした。

心臓の方は、1週間お薬を飲んだ結果、効果的であるということで、もう少し続けて服用してみましょうということになりました。こちらについてはまた3週間後くらいに診ていただくことになりました。

お水を飲む回数がまた少し増えているのですが、それはクッシングのせいばかりでなく、心臓が悪いこともその原因なんだとか。そうなると、お薬はどのように投与したらよいか、となりますが、先生から、クッシングのお薬を飲ませる回数を増やし、心臓のお薬の量は一定量で、と言われました。

了解です。様子をみてクッシングのお薬の服用回数を調節してみます。ということになりました。
分かりやすく指示してくれるので助かります。

頑張ろうね。パール。
f0057509_19541212.jpg
病院の待合室でのパール。
少しほっそりしたようなかんじに見えますが、体重は12㎏とこれまでとあまり変わりありません^^。
[PR]
by parumax | 2014-11-13 19:56 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(0)


<< 2014年秋 ♪ 「ちばわんい... 奥多摩でお昼ごはん >>