1月16日、ジョンくんがお空に帰りました・・

ご連絡をいただき、翌日にかけつけました。
眠っているだけ、そんなふうにしか見えませんでした。

パパに話しかけられながら、静かに静かに息をひきとったようです。
幸せの中での最期だったことはその姿からもうかがえました。

お顔は、天使そのものでした。
からだじゅうの毛もぴかぴかと光って、それはもう息をのむほどきれいで・・・。

ジョンくんは、昨年10月肛門嚢アポクリン腺癌と診断され、ご家族さまとともに闘ってきました。
治療の効果もあり、体調ももどり、11月の八王子のいぬ親会にも遊びにきてくれたのですが・・。


思い返せば、ジョンくんをお預かりしたのは、2010年2月のことでした。
あのころ、推定5~6才ほどでしたから、10才は越えているものと思います。

預かりでありながら、自分の大好きな犬種だったことと、ジョンくんの性格に惚れてしまって、あっというまに赤い糸が繋がったことが、何だかちょっと残念だったことが思い出されます。
もちろんジョンくんにとって、ご家族とのめぐり合いは、最高の幸せへのスタートでした。

お届けの日の事も、ついきのうのことのように思い出されます。
満開の桜の木の下で、パパママ、そして先住のキャンディちゃんと一緒にジョンくんも満面の笑顔。
こちらまで幸せな気持ちでいっぱいになる、そんな笑顔でした。

そしてそれは寸分の違いもなく、最後の最後まで幸せなジョンくんでした。
Iさま、素晴らしい愛を注いでくださり、ほんとうにありがとうございました。

ジョンくんは、家族のかたにはもちろん、近隣にかたやその他かかわった人すべてを癒してくれたようです。あのぽってりとあったかな体とほんわかな笑顔ですものね。
我が家でお預かりしてた時もそうでしたから、うんうんうんと、うなづける話です。

わたしが伺った日、17日は下のお兄ちゃんの大学入試のセンター試験の日でした。お兄ちゃん、涙をこらえてジョンくんの首輪を持って頑張って試験に臨んだそうです。
ジョンくん、お兄ちゃんにしっかりと力を送れたかな。


ママが送ってくださったたくさんのかわいいジョンくんの画像。載せさせていただきます。

ジョンくんのお散歩コース。パルプリんとことは大違いの素敵な河原だったね。
f0057509_13575060.jpg


先住犬のキャンディちゃんは少しだけ年下だったけど、いつもジョンくんを守ってくれてた。
f0057509_1359878.jpg


ママが救ったマリィちゃんと。2012年になくなったマリィちゃん。虹の橋で会えましたか。
f0057509_142132.jpg


近所でも評判の仲良しきょうだいでした。
f0057509_1454352.jpg


マリィちゃんなき後、ティンクちゃんがやってきたね。妹というより、お孫さんみたいだねぇ。
f0057509_1464665.jpg


と思ったら、ティンちゃんあっというまにおっきくなったんだよね。
f0057509_14122643.jpg
f0057509_14171061.jpg


ママがいないとお散歩行きたくない、とか言ってたそうです。虹の橋、ひとりで歩けてるかな。
f0057509_14202113.jpg


お友達が作ってくださったそうです。たくさんのかたに可愛がられていたんだね。
f0057509_1424234.jpg


ジョンくんの前半の犬生のことはまったくわからないのだけれど、後半の犬生は間違いなく素晴らしいものでした。たくさんの方々に御礼申し上げます。
f0057509_14282845.jpg



ありがとうの気持ちを込めて。
     ジョンくんからのお手紙です
f0057509_10292894.jpg
 (これは↑、預かり時にわたしが撮った一枚です。預かり時の様子は、こちら、カテゴリー ジョン でご覧いただけます。)

そうえいば、ジョンくんはうちにいたころ、マックスにとても優しくしてくれました。
f0057509_10295129.jpg
ジョンくん、虹の橋のどこかにマックスがいると思うの。探してみてね。
ジョンくんのお顔をみたら、マックスきっと喜ぶわよ。
じゃあねジョンくん。またいつかね・・。
[PR]
by parumax | 2015-01-21 14:40 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)


<< 「ゆきがふる」 絵本原画展 本番まであと6日 >>