「ゆきがふる」 絵本原画展

このあいだ久々に電車の乗って街中まで出かけ、絵本の原画展を観てきました。
f0057509_21331156.jpg
「ブックハウス神保町」の中の小さな展示スペース。たまたまか、わたしひとりでした。
真ん中に立ってぐるっと体を回せば、全部みられるほどの狭さ。
でもそれがかえって良かった。牧野千穂さんの原画にすいこまれ、包まれ、柔らかな、でも力強いゆきの森の中、そこに連れて行ってもらったような・・。とてもうっとりとした時間を過ごせました。
絵の力ってすごいな。。

せっかくなので、サイン本を購入^^。
f0057509_2252018.jpg

あと、大好きなロッタちゃんの大型絵本も。
f0057509_2262699.jpg
ロッタちゃんって、なんとはなーく、あーちゃん2号みたいだなーって思っちゃうのよね^^。


そしてやっぱり、神保町にきたからには、「みわ書房」さんにも行かなくてはね。
「ブックハウス神保町」からすぐのところ。神田古書センターの5階に、「みわ書房」さんはあります。
f0057509_22111711.jpg
みわ書房さんは、お店そのものが狭い。ビルが古くて寒い。でもこどもの本が山ほどあって楽しい。
狭い店内を宝物をさがすみたいに、ぐるぐるぐるぐる、何周も廻っちゃった^^;
そして、絶版の棚で、イイものをミッケました。
f0057509_22255983.jpg
「クリストルのこねこ」はほんとに手に入りにくいのですが、なんとびっくり、1980.1.15 第1刷発行のものでした。しかもすんごくきれい。古書とは思えない状態!ねこさん出てるし~^^。 
そして、「星うさぎと月のふね」、こちらも見かけなくなった絵本です。絵がとてもいいのです。

あとは、おなじみこどものとも。五味太郎さんの「おっとおとしもの」。
そして、有名なお話の「おやゆびひめ」。でもこのいわさきちひろさんのおはなしえほんのおやゆびひめは初めて見ました。で、やっぱり初版本でしたので、迷うことなくお買いもの袋に。
f0057509_22555989.jpg
で、お会計はというと、4冊で、シメテ2730円でありました。もうびっくりなお安さ^^。
よかったな~♪ 楽しかったな~♪
[PR]
by parumax | 2015-01-22 23:07 | 絵本・児童書 | Comments(0)


<< お花とパルプリ 1月16日、ジョンくんがお空に... >>