真面目なプリちゃん 3

夕方の散歩については、わたしが主導。
ですが、一応お伺いを立てます。
「ねえプリちゃん。夕方のお散歩はパスにして、お庭で用をたしたらどうかな。」と。

すると、ものすごく頑張って立ち上がり、「イヤダ。イク。」となりますので、
「だったら、あそこまでよ。」と言い聞かせて出発。

あそこというのはココのこと。
ブログにもたまに登場してる2分ほどで行けちゃう小ちゃな公園。
f0057509_21253408.jpg
近すぎることもあり、これまではだいたいが素通りするのみの公園でした。
ですが、きのうはそのたった2分の道のりをどんだけかけて歩いたことか。

きついのだろうと思い、戻ろうとすると、立ち止まって頑として動こうとしない。
突っ立ったまましばらく休み、呼吸が整ったら、再び前へ一歩、
そしてまた休み・・を繰り返して、の到着でしたから。
f0057509_21451692.jpg
顔だけを見るとそうつらそうでもない感じですが、体はそうとうきつくなってきてます。
現にきのうは、公園に着くや前足から崩れるような形でうつぶせ状態になってしまい、
わたしをちょっと慌てさせました。

心臓の悪い子がこうなった場合には、体をゆすったり大きく動かしたり、
すぐに抱き上げたりといったことはしないほうがよい、
そんなことを思い出し、しばらく頭をなでたりして様子を確認。
落ち着いた頃合いをみて、支えてあげて立たせ、またゆっくりと歩いて戻ることが出来、
なんとか事なきを得ました。



そして、今朝の散歩。
さすがにいつもの大きな公園までは行けないだろうと思いましたが、
プリちゃんってば大真面目。行こうとしました。

でもね、それはやっぱり無理ってもんです。
気力はあっても体力がもうおっつかないのですから。

案の定、橋の手前まできたところで息があがってしまいました。
向こうに見える公園をじっと見つめるプリちゃん。
しばらくそうしてました。そして行くことをあきらめました。
f0057509_22060922.jpg
しょんぼり顔のプリちゃん。行きたかったんだねえ。
f0057509_22080539.jpg

「じゃあ、だいぶ草刈りされてるから、原っぱ通って帰ろうか!」
そう声をかけたら、プリちゃんのお顔が一変! 
そうよね。ここもお気に入りの場所だものね。
f0057509_22165117.jpg


[PR]
by parumax | 2017-07-11 23:35 | プリッツ


<< ここ最近のプリちゃん 真面目なプリちゃん 2 >>