多摩動物公園

では、動物園の続き^^。

マレーバクのお母さんと赤ちゃん。赤ちゃんのお名前は、咲子ちゃん。親子でお昼寝中。
f0057509_16404079.jpg

サイです!これがまたやたらデカイ。背中におとな5人くらいは乗れそうです。こちらもお昼寝中。
f0057509_16432510.jpg

ニホンカモシカさんです。目が合っちゃいました^^。
f0057509_1649618.jpg
余談ですが、東北を走る特急「かもしか」の正面に書かれてる絵、‘かもしか’を知らずして書いたんでしょうかね。角が全然ちがいます。ある鉄道マニアが、その間違いを指摘したそうですが、いまだそのままだとか。どうして描き変えないのかなぁ。。


シフゾウさんたち、の~んびり休憩中。
f0057509_17292788.jpg

カンガルーがたも、ポカポカのお日さま浴びて、お昼寝中^^。
f0057509_17343251.jpg

狼です。でも、まるでわんこ。しかし、暖かいせいか、みんな寝てるばっかりだねえ(笑)。
f0057509_17423465.jpg

でもこちらの方は、ご高齢にもかかわらず、元気に砂浴びして生き生きしてました。
そうです。55才のアジア象の雄、アヌーラです。
f0057509_17503017.jpg

チンパンジー。左手に固まってますよ。岩の穴の中にフルーツジュースが入ってるそうで、それを枝を使って少しづつナメナメしてるところです。賢い賢い^^。
f0057509_21155144.jpg

誰もが知ってるシマウマですが、多摩動物園のシマウマは、グレビーシマウマと言って、シマウマの中でも大型種だそうです。
f0057509_21173866.jpg
それにしてもこの縞模様、ゲイジュツテキー。でもおなか側にはありません。
f0057509_21222928.jpg
すんばらしいこと!この臀部の年輪模様^^。
f0057509_21242978.jpg

シロオリックスです。なんてったって、角がいかしてます。
f0057509_21345513.jpg

ペリカン。撮ってー、と言わんばかりに目の前にやってきました。びっくり^^。
f0057509_2137516.jpg

アフリカゾウ舎です。象さんは、どこにいるかというと青丸の中^^。紫丸は、バオバブの樹のレプリカ。アフリカには、大きな象まですっぽり包み込む、こんな大きな樹があるんですね。すごい!
f0057509_2145520.jpg

ヒグマです。この子もかなり高齢ですけど、とてもよい毛並みでした。
ヒグマというと怖ろしいというイメージですが、この子はとても穏やかな印象でした。
f0057509_2157225.jpg

インコ。作り物みたいた色ですよね^^。
f0057509_2202663.jpg

写真撮ってないのですが、オランウータンのモリーに会うことも出来ました。
モリーは世界最高齢の56歳です。2005年に多摩にやってきました。それまでは上野動物園にいましたから、そちらで会ったかたも多いかと思います。そして、モリーは、個展をひらくほどの画家としても知られてるところです。すごいですね。
モリーの左目はもう見えません。横になって気持ちよく日向ぼっこしてるモリーに、「モリー」と声をかけたら、左手で器用に右のまぶたをあげて、こちらを見てくれました!感激!
モリーさん、うんとうんと長生きしてくださいね! またあなたに会いにきます。

動物園は、展示動物となりますから、ボラとかやってるとなんとなく気がめいる部分もありますが、動物園は、以前とは異なり、レクレーションなものに加え、野生動物の保護のための繁殖といった重要な部分を担うようになりましたから、その存在に、なんら異議はありません。むしろいろいろ動物のことを知る学べる貴重な場所ととらえています。

また、今でこそ、旭山動物園のように動物の生態にあった工夫をしていますが、多摩動物園は、開園時から、自然の中で動物の自然な形を見せるという国内初の形をとった動物園です。
f0057509_22254312.jpg
この環境の中であるからこそ、長生きする動物が多いともいえるでしょうか。

あれ?と思ったかたいるかもしれませんが、最初に書いた動物園記に載せてたユキヒョウの動画、削除しました。それは、あの時の彼女、また撮るの?といったかんじでしたから、やはりここで載せるのはフェアではないと思い消しちゃいました。

今、ユキヒョウの生息数は、人の生活圏の拡大や内戦、毛皮目当ての密漁などで、4000頭ほどと極めて少なくなっています。動物園が、希少動物の繁殖に取り組む目的のひとつは、野生復帰だそうです。ただ、ユキヒョウの場合は、生息地であるアフガニスタンやカザフスタンなど現地の態勢作りがまだまだのようです。
でも、動物園は、それが何年先であってもそれを目指し見据え、努力しているそうです。

多摩動物公園では個人であっても、申し込めば、ボランティアのガイドさんがついてくれます。
貴重なお話や説明をしてくれますので、是非、ご利用ください。
って、わたしは、多摩動物園の宣伝係か(笑)。
[PR]
by parumax | 2008-02-24 17:58 | わたし&家族 | Comments(4)
Commented by hanaguro-k at 2008-02-24 18:18
こんばんわ~、幸多母です。
多摩動物公園、私も何度か行きましたが楽しいですよね!
実は幸多父はここのゴールデンターキンに顔がソックリなのです!もう亡くなってしまったオーイちゃんに特に似てます(自他ともに認めてます)。
http://www.gws.ne.jp/tama-city/tama-zoo/asia/31/31.html
当時、職場では"ウシ"のニックネームで呼ばれてました…
Commented by parumax at 2008-02-24 23:13
♪幸多母さん、こんばんは。
しまった~。ゴールデンターキーさん、見逃しちゃった~(笑)。
こんど行ったらしっかり見てきます。でも多分それより先に、偽ゴールデンターキーさんのほうにお目にかかれそうですよね^^。
Commented by カプアンパパ at 2008-02-25 11:33 x
こんにちは。とくに子どもたちは、どんどん動物園に行って欲しいですね。私の子どものころは、ディズニーランドなんてなかったですから、動物園、水族館よく行きましたよ。ゲームの中だけでない「命」に触れて欲しいです。
ところで、先日ご紹介しました鈴木まもるさんは、自分でも「巣好きまもる」と名のるくらいの、鳥の巣コレクターの第一人者ですが、いま上野動物園で、展覧会を開催していて、講演会、ワークショップも予定してます。
http://www.i-younet.ne.jp/~basaract/info.html
ちょっと遠いですが、上野動物園もよろしくお願いします。
Commented by parumax at 2008-02-26 14:47
♪カプアンパパさん、こんにちは~。
わたしもうちの子たちも、遊園地より動物園水族館でした。息子は、いっとき魚にはまって、水族館ではわたしのガイドをつとめてくれたことも^^。
「かわいそうなぞう」を読んだ時も、トンキーのお墓参りに行こうよ、というので、上野まで連れていったり。かといって大人になった今、だいの生き物好きかというと、そうでもありませんが(笑)、少なくとも、命あるもには優しく接する大人になったようです。今回もほんとはわたし一人で見学するつもりだったのに、俺も行く、というので、同伴でした(笑)。

‘巣好きまもる’に、座布団一枚!(笑)
わたし、実は鳥はちょっと苦手なんです。巣は、どうなんでしょう(笑)。
上野の美術館に行く予定してるので、時間があればうかがってみます。

話は違いますが、ロートレック展はもうご覧になりましたか。ちょっと見たい気もしたんですが、モジリアーニ展、もうすぐはじまりますよね。それには是非行きたいと思ってます!


<< 先住猫&先住犬 リクくん >>