カテゴリ:わたし&家族( 171 )

秋川キララホールとあきる野市中央図書館

吉田恭子氏、渡部玄一氏、白石光隆氏による‘ふれあいトリオ’コンサートに行ってきました。
それぞれ、ヴァイオリニスト、チェリスト、ピアニストとして活躍されてるかたです。

会場はあきる野市の秋川キララホール。とても音響の良いホールで、白石氏のピカイチの演奏とあいまって、それはそれは素敵なショパンの幻想即興曲を聴くことができました。もちろんその他のプログラムもとても良くって、あぁ聴けてよかったなあ、と思える心温まるコンサートでした^^。

プログラムは、
  ・エルガー : 愛のあいさつ
  ・ショパン :  幻想即興曲 (ピアノソロ)
  ・モンティ :  チャールダッシュ(ヴァイオリンソロ)
  ・ラフマニノフ : ヴォカリーズ(チェロソロ)
  ・ガーシュイン : みんな笑った
  ・ピアソラ : オブリビオン リベルタンゴ
        (休憩)
  ・メンデルスゾーン : ピアノ三重奏第一番ニ短調作品49

これが1000円で聴けたのですよ。シンジラレナ~イ。はっはっは。


さて、キララホールに足を運ぶのは久しぶりの事でした。
多分10数年振り。お隣の町なのにね。 こちらが↓、秋川キララホール
f0057509_15152571.jpg


びっくりだったのは、ホールの横にあきる野市の中央図書館が出来てたこと!
それもまるで青山かどこかにあるようなとっても素敵な建物! 
わたしの写真だとイマイチだけど、現物はほんといい感じなのです。
f0057509_15175160.jpg
この場所は以前、ホールの駐車場だったような気がします。
今駐車場はその横にあり、立体になってました。

少し時間があったので、中も見てきました。とても気持ちのよい空間でした。
ラウンジにリサイクル本の棚がありました。ほしい本があればおうちに持っていってよいのです。
いつでも置いてあるのかな・・。いいシステムですね。

八王子市民でも蔵書などの資料を借りることが出来るそうです^^。


リサイクル本で思い出しましたが、昨年秋、八王子の図書館で図書館まつりというのがありまして、
f0057509_1657155.jpg
本に関するイベントがいくつかある中で、リサイクル本の日もあり、わたしは勇んで行きました。
そしていただいてきた本がこれらです。勇んで行ってほんとよかったわってかんじでした^^。
f0057509_1733623.jpg
f0057509_17294436.jpg
f0057509_17295616.jpg
f0057509_1730993.jpg
ほしかった本、読みたかった本、それから、今だととても手に入りそうにない本、
それらが全部タダって、ほんとサイコ~♪  ほんとわたしケチ~♪ はっはっは。
[PR]
by parumax | 2016-01-27 17:15 | わたし&家族 | Comments(0)

大晦日

またまたあっというまに大晦日www・・・

さて、今更な話ですが、今年は未年でしたね。
何を隠そう、わたしは未年生まれであります。ははは。

はいそう。つまりは年女。
郷ひろみさんや明石家さんまさん伊藤蘭さんたちと同じ花の?1955年生まれ。
はいそう。つまりは還暦というわけ。ははは。

f0057509_22185267.jpg


60年もよく生きたわ。わたし。
70才80才・・の方からは笑われるかもしれませんが、それが正直な気持ち。


五味太郎さんの絵本「みんなの ひつじさん」。
f0057509_22313270.jpg
ヒツジ年生まれの人について、こう書いてあります。
「ヒツジ年生まれのひとは、おだやかで正直者。芯が強く、こだわりも強い・・・?!」
ふっふっふ。わたし穏やかかな。正直者かな。どうだろうね。はっはっは。


ひつじさんが出てくる絵本、他にあったかなと本棚を探したら、少しありました。
f0057509_22432529.jpg
ひつじさんが登場するだけあって、どれを読んでもほんわかした気持ちになります。


今年は、両親の介護という事態になり時間を使いました。
おそらく来年もそれについてはそう変わらないだろうと思うけれど、
そこをもうちょっと工夫し、そのことだけで終わらないようにしたいなと思っています。

ヒツジ年生まれは芯が強く、こだわりも強い?そうなのかな。
だったら、サル年になっても頑張るぞ。はっはっは。
[PR]
by parumax | 2015-12-31 23:15 | わたし&家族 | Comments(0)

陣馬山麓アトリエ展 2015

秋晴れだった19日の月曜日に行ってきました。
f0057509_13594992.jpg

陣馬山の登山口近くにあるいくつかのアトリエのアトリエ展。
芸術家の方々はこういう山深いところを好まれるのですねえ。
静寂と自然が創作の源なのかしら。

陶芸家のかたにそんなことを伺ってみましたら、
窯から煙もでるから人里離れてる方がいいとのこと。
なるほどぉ。そういう現実的なこともあるわけだ。ふむふむ^^;
f0057509_1435541.jpg
軽自動車しかはいれないような細ーい脇道を入った先の、「陶工房 日々器」。
ご自宅兼工房の建物は築100年。
ですが、主はとてもお若い中田麻子さん。

とてもセンスのいい日々器さんの器。
それと共に、他で活躍されてる自然素材を生かした作家さんたちの作品も並んでいました。
カプアン家のお知り合い「studio fujino」の作品もありました!
f0057509_14464843.jpg

残る四つのアトリエにも、たくさんの作品が展示&販売されてました。
f0057509_20211582.jpg


山麓の澄んだ空気の中をゆっくりと3時間ほどかけて見て歩き、
f0057509_20243919.jpg
カフェのあるアトリエでお茶をいただき帰ってきました。素敵な一日でした。
なごみちゃん&Uちゃんママ、アトリエ展のこと教えてくれてどうもありがとう♪ 
また教えてくださいね^^。
[PR]
by parumax | 2015-10-24 14:19 | わたし&家族 | Comments(2)

好かれたくない

虫にです。
今夏はほんとやられっぱなし。
この間のムカデもそうですが、その前には、枝きりの際に、自分ではまったく気づかなかったのですが、毛虫の粉が腕にかかったようで、ものすごいぶつぶつとかゆみに一か月ほど悩まされました。

そして今回も何に刺されたのか、ちょっと痒みがあっただけで、なんともなかったので、ほおっておいたら、数日後に痛みが。痛みはおさまらず、かなり腫れ、熱を持ち、歩くと痛みは倍増。散歩もままならない状態に。
もしかしてこれは虫さされとは違うのかな。そう思いやむなく病院へ。

そしたら先生。「これは確実に虫刺されですよ。」って^^;
こんなごときで病院に来ちゃって・・と言いましたら、「いえほおっておくと大変なことになることもありますから、ちゃんと来てくださいね。」って。
で、こんなかんじで処置していただきました。
f0057509_11165097.jpg
お薬も塗り薬に飲み薬といろいろありました。
めったにお薬を飲まないので、よーく効いて、回復は早かったです。
にしても、いったいどんな虫だったのかしらねえ。


ところで、
皮膚科で診てもらうというのははじめてのことで、どこに行こうか迷ったのですが、まあここにでも行ってみようと昨年開院したばかりの病院へ行きました。そこは先生が曜日によって違うようで、行った日は女医さんの名札がかかっていました。診察室にはいるとまず看護士さんの問診。そしてその後に現れた先生にびっくり。えっほんまに先生?!
びりギャルみたいですよ。いやキャバクラのおねえさん?みたいなね^^。
とっても若くてお目目のお化粧なんてもうばっちりで、ぜんぜんお医者さまらしくない。つーかお医者さまらしいってなんなんだってことではありますが、いやーなんだかとっても潔くてかっこよかったわ。もちろん白衣で、皮膚科医としてきちんと質問にも答えてくださいましたから、ちゃんと先生です^^。虫には好かれたくないけど、こんどまた刺されたらこの皮膚科だなって思っちゃったわ。
[PR]
by parumax | 2015-09-23 11:14 | わたし&家族 | Comments(0)

おとーさんのお得なきっぷ旅 北海道編

東北旅から帰ってきて、そのまた1週間後、こんどは北海道へと出かけたおとーさん。
いやーほんとに元気。

今回も青春18きっぷの旅。かと思ってたら間違ってました。
北海道&東日本パスというものでした。でもこれも普通列車限定です。
しかも今回は道東道北までというから、聞いただけでも気が遠くなります。

このきっぷ、どう乗り継ぐか、待ち時間をどう使うか、等々で頭を使うとかで、
おとーさんいわく、「ボケ防止に最適の切符。」だそうな。

まあちょっとは楽しそうだなぁとは思いますが、プラスあの荷物。
絶対的に体力も必要。そうなるとわたしにはとても楽しめそうにもありません。
無理だな。ははは。

そのうえ、おとーさんは行った先で山にも登ってるんだよね。
還暦をとうに過ぎてるにもかかわらず、
それやこれやを心軽やかにやってのけちゃって、これはもう立派な変人。
いや、立派なちょいすごおやじ。
はっはっは。

とはいえ、最初のメールはこれでした。
「札幌に着きました。長旅で腰が少し疲れました。」
そりゃあ絶対疲れますよね。
でも、続けてこうありました。
「今日は、旭川まで行き、大雪山に登る予定です。」
って!


ところがこのあとお天気が安定せず、予定変更で、旭山動物園に行ったようです。
カバがおもしろかったと言っていました^^。


そして翌日、「大雪山旭岳に登ります。」とのメール。
f0057509_14494019.jpg
頑張って登ったようです^^。


その後も何通かメールが届きました。
いくつかをピックアップ。

「旭川から稚内まで260kmです。八王子からだと福島の白河ぐらいまでです。
北海道は広いです。」



「宗谷本線本線名よりまでは満員電車のぎゅうぎゅうづめでした。
何しろ1両での運転なので。」
f0057509_20182375.jpg



こんなことも言ってきました。
「船でロシアにわたることもできます。5時間ぐらいです。
今回はビザをとってないのでないので無理ですが。」

って。次回には行きかねないかんじですねえ。ははは。


そして利尻島へ向かったおとーさん。
「海に浮かぶ利尻山です。」
f0057509_20195045.jpg


「利尻山に登りはじめました。こちらは寒いぐらいです。」(午前5時)
f0057509_20222875.jpg


利尻山山頂から。「島が礼文島。手前が利尻島です。羊蹄山から樺太まで見えます。」
f0057509_2033312.jpg
えーっ!羊蹄山まで見えるってほんとかな?って思いましたが、ほんとだったようです。
以前放送されたNHKのにっぽん百名山の利尻山をガイドした方とたまたま一緒だったようで、その方が頂上で教えてくれたそうであります。この日は、めったにない大晴天だったそうで、かなり遠くまで見えたようでありますよ。
いい日に登れてよかったですねえ。頑張ったご褒美でしょうかね。


が、おとーさん、帰路でやっちゃった。
とあるところに携帯を忘れてきてしまったのです。
ったく言葉も出まへん。

その携帯のほうは、見つけてくださった方が送ってくださいました。
ありがたいことです。御礼申し上げます。

とまあ、そんなこともありましたが、二つの山を登り、北海道を満喫し、
意気揚々と帰ってきたおとーさんでありました。

ちなみに今回もテント泊とネットカフェ泊でありました。


かなり疲れただろうなと思いきや、翌日にはもう走ったりとかして、
3日後には、卓球の試合に行ったのでありますよ。
ちょいすごおやじ、どこまで元気やねん!
[PR]
by parumax | 2015-09-01 21:05 | わたし&家族 | Comments(0)

おとーさんの青春18きっぷの旅 東北編

またまた大きなリュックを背負ってでかけた自由人のおとーさん。
今回は八甲田山と岩木山に登る旅でした。

7日早朝、バスがまだ走っていない時刻でしたので、駅まで車で送りました。
午後、「(午後)1時半頃仙台に着きました。」というメールが送られてきました。
添付画像を見ると、あらまー、七夕まつり^^。

f0057509_13493421.jpg













そして(午後)6時半頃、「山形に着きました。」というメールには、
花笠まつりの画像が^^。

f0057509_1464741.jpg













ほんとに、たまたまお祭りだったわけです。
面白いわね、と思っていたら、翌日の夕方のメールで、「青森はねぶたです。」って^^。

f0057509_14162518.jpg













ははは。東北四大祭りの内の三つを見ちゃったわけだ。
山旅プラスお祭りの旅。青春切符ならではの旅、ってことでしょうかね^^。


いつものように山からの写真も。こちらは八甲田山からの1枚。
f0057509_14273022.jpg













宿泊は、テントかネットカフェというおとーさん。
細かいことを気にしない人ならではでありますねえ。
わたしには絶対無理でありますよ。はい。

そして二つの山を登り終え、すぐさま帰路についたおとーさんでしたが、
福島で東北本線が大雨で不通になってしまいました。

まあそれはそれでおとーさん的には辛抱強く待つつもりだったでしょうに、
JRがなんと新幹線での代替輸送を行なってくれたのです。もちろん特急券なしでね。
夜だったから景色云々でもないわけで、新幹線でありがたかったかもしれませんね。

そして11日の朝、さわやかな顔で戻ってきたおとーさんでありました^^。


おまけの話ですが、
NHKBSで放送してる「にっぽん百名山」、8月10日の放送は、「至仏山」でした。
先だって、おとーさんが至仏山に登った際、寝袋を持参しなかったという記事を書きましたが、その日が収録日だったようで、な~んと、おとーさんのテントとおとーさんの姿がちらっと映ってたんです。なんかちょっと笑えましたわ^^。おとーさんの隣にテントをはっていた東大とお茶の水の学生さん達がHNKさんのインタビューに答えていましたよ^^。
[PR]
by parumax | 2015-08-21 11:46 | わたし&家族 | Comments(0)

モーツアルトのレクイエム、ブラボ~でした~♪

f0057509_14242944.jpg
一階の後ろから2列目の端から2席目だったこともあってか、プレコンサートの時より歌声がいまひとつ響いてこなかったような気もしましたが、オーケストラの演奏も素晴らしく、とてもいいコンサートでした^^。
f0057509_14293058.jpg
プログラムには、指揮者やソロの方の紹介とともに、合唱団の紹介も^^。
f0057509_1436545.jpg
おとーさんも練習の成果をだすことができたようです。
素敵な演奏会をありがとうございました♪
(写真クリックで、あともう少し大きくみられるかと思います。)
[PR]
by parumax | 2015-07-24 14:41 | わたし&家族 | Comments(0)

ムカデに噛まれました。。

14日の午前3時半頃のこと。

「痛ッ!!」
それはまるで、ハサミでパチンと切られたかのような痛み。
飛び起きて布団をはぐると、そこにムカデが! 体長は8センチほど。

そりゃあもう悲鳴。
噛まれたのはわたし。左足小指の付け根付近。

しびれるような痛みがきましたが、ムカデ退治が先決。
サンルームに行き、剪定ばさみを取り出し、(と同時にパソコンを起動)
やっつけてやるーとばかりにムカデを追い込んで・・・、

今だ!っと、ハサミでムカデを挟んで、
外へ放り投げました。

はい憎っくきムカデとはいえ、切ってしまうなんてこと、わたしにはできまへんできまへん。気持ち悪すぎます。(蚊やハエはたたけるのにね^^;)

以前、この気味の悪い形をわり箸でつまんでみたことがあるのですが、全然うまく挟めなくて、あるとき、剪定ばさみを使ってみたら、これがすごくうまくいったのです。
それ以来、これに限るってかんじで使ってます。

ムカデ処理のあと、指を見たら、もうぷっくらと膨らんでいて、ズキズキとした痛みも。
ちょっと気分も悪い。すぐにお風呂場へ直行。
噛まれた部分はもちろん両足とも全部石けんで洗い流しました。

拭きとったあと、噛まれたところにマキロン(消毒薬)をぶっかけました。
痛みがなくなり、腫れもちょっとひいたかんじになりました。

テッシュにマキロンを染みこませ、指を包みこみ、
起動させておいたパソコンでムアデに噛まれた時の処置の仕方を検索しました。

すぐに水で冷やすか、42~43度のお湯をかけるかのどちらかの処置をとありました。
すでに水で洗い流してたので、冷やす方法をとり、保冷剤で冷やしました。

次に虫刺され用の薬をぬるように、とありました。
ムヒもキンカンもなく、ココナッツオイルを塗って様子をみました。

実は、パルちゃん、わたしのすぐ足元で寝てました。
噛まれたのがパルちゃんでなくてほんとによかったです。

けっこう大きな声をあげたのに、パルちゃんはすやすや寝たままでした。
残る一人と一匹も、ちらっとも起きませんでした。
どんだけ寝てんのよ、って感じでありますね。ははは。

とにかく、ほんとわたしでよかったです。

翌朝(っていうかすでに朝でしたからもうそのまんま起きてたわけですが)、
痛みはほとんどなくなってました。

一応病院に行った方がよいとありましたが、病院が始まる時刻には腫れもひき、痛みもなかったので、結局は行きませんでした。

蜂に刺された場合と同じように、再度噛まれるとアナフィラキシーの症状が起きるということなので、こんりんざい噛まれないようにしないといけません。

にしてもいったいどこから侵入してくるのやら。
まあこの辺りは川も近いですし、ご近所さん、どこの家でもあるある、ってことだそうですが、やはり恐怖なので、翌日、ムカデ忌避剤を買ってきました。

ほんとはわんこもいるし野菜も作ってたりしますから、やたらまきたくはないのですが、こうなったらやむおえません。家の壁面にそって軽くまいておきました。
ムカデさんムカデさん、どうか寄りつかないでくださいませね。

そうそう。ムカデはそもそもは人などに対し攻撃的ではないそうです。
ただ、何か危険を感じた時には噛んだりするそうです。
ってことは、わたしが寝返ったかなにかでムカデが驚き、噛みついたんでしょうかね。

あー、もう2度と見たくもありませんし、噛まれたくもありませんわ。
[PR]
by parumax | 2015-07-17 12:41 | わたし&家族 | Comments(4)

cafe-dining Kan-KURA (カフェダイニング カンクラ)

あきる野にあるイタリアンのお店です。

きのうは、八王子の気温が37度ととても暑かったのですが、秋川が目の前を流れていて涼やかなロケーション。蔵の中のテーブル席も、ひんやりしていて、快適でした。
f0057509_125422100.jpg

お料理もなかなかよかったです。
f0057509_12544166.jpg

友だちと3人。取り分けたりしていただきました♪
気の合った人たちとの食事はいいですね。また行きたいです。
[PR]
by parumax | 2015-07-14 12:55 | わたし&家族 | Comments(0)

しまった!

f0057509_1234340.jpg土日に至仏山(尾瀬国立公園に位置)に登ったおとーさん。

登頂してすぐに、尾瀬ヶ原を挟むように向かい側に立つ燧ケ岳の画像を携帯から送ってくれました。

この日は、尾瀬ヶ原の山ノ鼻でテント泊ということでした。

ところがおとーさん、テントを組み立て、食事やらを終えて、いざ寝ようかというだんになって、気づいたそうです。
「しまった! 寝袋、忘れてしまったァ・・・・。」

昼間は暑い尾瀬ヶ原もやはり夜は冷え込むようで、ありったけの服を着込んで寝たそうです。まあ、真冬でなくてよかったようなものの、命取りになりかねないことです。
十分に気を付けていただきたいものです。

「山ノ鼻だったら、宿泊できるところもあるでしょ。毛布とか借りられたんじゃないの。」
「あっ、そうか。そういうこともできたねえ。。」って
パニックになってるといろいろ考えも及ばないのかしらね。

まあわたしとて、最近はシマッタ続きで人の事は言えないのですがね^^;
お互い助け合って生きていかなくてはだわ。ははは。

っつーか、おとーさん、帰りには、水飲み場にストックを忘れてきちゃったとかって。
負の連鎖?注意散漫?老化? ^^;

ちなみに今回もバイクでのお出かけでした。元気だけはあるようです。
でも、運転中の注意、これだけは怠たらないでいただきたいものです。
[PR]
by parumax | 2015-07-14 12:31 | わたし&家族 | Comments(0)