カテゴリ:わたし&家族( 172 )

♪アフタヌーンコンサートvol.4 (2月7日)

今回は、東京交響楽団の木管楽器メンバー4人による演奏会でした。
 フルート   甲藤さち
 オーボエ   最上峰行
 クラリネット エマニュエル・ヌヴ―
 ファゴット   福井蔵

会場は、八王子市南大沢文化会館の交流ホール
小さめのとても素敵なホールです。
絶対に無理だけど、こんなホールが欲しいな~、なんて思ってしまいました。ははは。

ホールが小さいので、演奏者がよく見え、音もスコッと体に入ってきて、とてもいい気分でした♪
素晴らしい演奏と楽しいトーク(楽器の説明など)。なごやかで温かなコンサートでした。
f0057509_12173191.jpg
なんだかしわくちゃでごめんなさい^^;

オーボエの最上氏が、「オーボエは世界で演奏が一番難しい楽器です。」と言われました。
オーケストラのチューニングではオーボエに合わせますが、それが故でもあるそうですよ。
あの発音体の葦は、もって二日だそうです。へー、そうなんだーなお話ばかりでありましたわ。

それから、ファゴットって、すごーい地味な楽器ですよね。
質問コーナーがあったので、どうしてそんな地味な楽器をやってるのかを聞いてみたいなと思ったのだけど、挙手をする勇気がね^^;、そしたら、同じこと思ってた人がいて、聞いてくれました^^。

ファゴットの福井氏、「僕は15才まで楽譜を読めませんでしたが、高校で吹奏楽部に入りました。その時、ホルンとファゴットのどちらかで、となったので、ファゴットにしたのがはじまりです。そして今にいたってるのですが、これはこれで、やってるととても面白い楽器なのです。だから続いてる。そういうことかな。」って。
そうかー。地味であろうが何であろうが、本人が面白い!って思う。そういうことなんですね!^^。

言われてみれば、うちのおとーさんも、大学に入ってはじめてピアノに触れ、楽しいと思った。そして仕事でもそういったことをやっている。もっともリズム感とかいまいちだし、指もいまだに硬いみたいですけどね。でも頑張って続けてれば、それなりになるという見本かもしれませんねえ。

わたしなんて、なんの努力もしてないから、今日までなにも身についていない。
今から努力して続けて、30年後、わたしはなにかを身につけられるかな。。
30年後って、90代目前! いやー、なんだか面白そうです! 生きてればですけでね^^。
[PR]
by parumax | 2015-02-09 12:16 | わたし&家族 | Comments(2)

記憶の壺

BS日テレの「深層NEWS」をたまに見ています。
4日の放送で取り上げていた「深層」は、認知症でした。

精神科医で認知症にも詳しい斉藤正彦・東京都立松沢病院院長が出演され、「認知症の人を正しく理解し、共に歩む社会のあり方について」、図表を用いたり、キャスターの質問に答えたり、自身の経験も交えるなどして、30分間ほどの時間を最大限有効に使い、丁寧に語られていました。

その内容には、なるほどーとか、そうなんだー・・・とかがいっぱいでした。
できればすべて書き残しておきたいところですが、無理^^;
でも、わたし的に、すごくなるほど~と思った「記憶の壺」についてだけ、書いておこうかと。。

「記憶の壺」という言葉は、物忘れと認知症の違いについて、の説明で使われました。
わかりやすい図がでてましたから、写真に撮っておきました。

この「記憶の壺」は、脳の中にあり、その名のとおり、中には記憶が入っているわけです。
そして必要に応じて取りだしています。
f0057509_122214.jpg
絵をみれば、だいたいわかるかと思いますが、ちょっとだけ説明します。でも、それこそたしかな記憶ではないので、ちょっと変な説明になっるかもです。ごめんなさい^^;

壺の先の手指のようなところは海馬です。それが働いて、情報をとらえます。
若い時は、海馬の動きも良くて、関心のある情報大切な情報をさっとつかまえ、大切な情報だけを壺の中に入れこみ、そしていつでもささっと取りだすことができます。

ですが、老化によって、海馬で大切な情報をとらえたとしても、絵のように海馬の手指がちょっと短くなってるために、壺に入れるにも、もたもたしてしまう。体力と同じですね。なので、たとえば、メモをするなどして段階を踏む。そしてようやっと壺に入れる。壺に入れてしまえば、ほらあれあれ・・などと言いながらでも、一応とりだすことはできるわけです。

ところが、認知症の場合はというと、海馬の手指はとっても短くなり、どんな情報であってもつかめなくなる。つまりは、覚えておくことが最初っからできない状況になってしまうわけです。
f0057509_13372531.jpg
しかし、認知症を発症するまでの記憶はちゃんと壺に残っています。ですがこんどは、その壺の口のほうから、つまり浅い記憶のほうから欠けていってしまうというのです。そうなると浅い記憶、たとえば、結婚したことや子供の事などがわからなくなってしまう。だけど、深いところにある記憶、自分が小さかった頃のことやどこで生まれたとか親のこととか、そういうことは残っているので、急にそれを話だしりするというわけです。

うーん。なるほどー、と思ってしまいました。

斉藤先生は、認知症患者にとって最大の苦しみは不安だと言っていました。
患者さんに寄り添ってあげることが大切だと。

そのためには、認知症の患者さんに対して、「やってはいけないこと」が3つあります、と。
ひとつめは、患者さんの心配をはぐらかすこと。
それから、苦しんでいる患者さんに事実を突きつけること。
そして、新しいことをさせること。だそうです。

うーん。どうすればいいのかな。。
少なくとも、忘れないようにこうやってみようか、なんてことは、きっとダメなんだね。

高齢者の増加とともに、認知症の患者さんも増えるばかりだそうです。
わたしの父は今年88才、母は86才になりますが、ありがたいことに、いまだ介護保険のお世話にもならず、二人で暮らしています。でもいつそうなるともかぎりません。いやいや、わたしのほうが先になるやもしれませんしね。認知症のことはできるだけ知っておいたほうがよさそうです。

今のところ、認知症にはならないという決定的な方法はないそうです。
ただ、食事や運動、生活習慣病の改善などで、そのリスクは減らせるそうです。
そしてそれはそのまま、老化を防ぐことにもつながるわけですから、これはやらなきゃです。

わんこたちの認知症についても同じかな。
お散歩は犬にも人にもバッチリですよね^^。


と、まあいろいろありますが、毎日それらをちょっとづつでも意識して、そしてちょっとづつでも努力して、糸井重里さんではありませんが、「やさしくつよくおもしろく」 生きていきたいものです^^。
[PR]
by parumax | 2015-02-05 15:38 | わたし&家族 | Comments(2)

本番まであと6日

f0057509_13464132.jpg昨年より毎週水曜日に練習に通ったおとーさん。本番6日前となりました。

きょうも朝から家で練習してましたが、今は卓球に行っています。
毎度ながら、忙しい人です。
まあ、わたしとしては亭主元気でなんとやらでありまして、ニコニコニコ。

でもって、公演のチケットは、おとーさんが買ってくれて、ワーイであります。
おとーさん、どうもありがとね~。

いつもの調子で、楽しんで、元気に歌いあげてくださいねー。


♪ チケットはまだ残っているようですので、お時間とご興味のある方は、ぜひお出かけになってみてください。
詳細は、こちら より。

終了となりました^^。
[PR]
by parumax | 2015-01-18 14:07 | わたし&家族 | Comments(0)

未年

本年もどうぞよろしくお願いいたします。f0057509_139544.jpg
[PR]
by parumax | 2015-01-03 13:07 | わたし&家族 | Comments(0)

明日は大晦日

まったくもって、あっというまの一年でした。
何もしないで、簡単にまたひとつ年をとってしまって、ほんとにもったいないことをしました。
もうちょっと一日一日を大切にしなくては。

パールさんは、この一年で、だいぶおばあちゃんになった感があるけれど、とっても頑張りました。
プリちゃんは、今年もたくさんわたしたちを癒してくれました。

小さな小さな幸せでも、それが一番。それで十分。

明日は大晦日。
小さな幸せをかみしめ、感謝し、せっせとおせちを作って、最後はお蕎麦でしめなくてはね^^。

この一年もたくさんの方にお世話になりました。
ありがとうございました。
またどうぞ来年もよろしくお願いいたします。
f0057509_22202326.jpg

[PR]
by parumax | 2014-12-30 22:23 | わたし&家族 | Comments(0)

わたしはおばあちゃん♪  etc.

わたしはおばあちゃん。
なので、
‘ラジオ体操’ はお手の物。
知ってた?ラジオ体操(テレビ体操)って、大晦日も元旦もやってるのよ。

わたしはおばあちゃん。
だけど、
ちびっこに人気の‘ようかい体操第一’ も覚えたいなあ。
だって、おばあちゃんにようかいって、ぴったりだと思うもの。 はっはっは。


わたしはおばあちゃん。
だけど、
こんなかわいいルームシューズを履いてます。
f0057509_1358085.jpg
赤色は、おばあちゃんたちのパワーの源。に、違いない。多分ね。はっはっは。


わたしはおばあちゃん。
だけど、
今年もたくさん絵本を読みました。
f0057509_14315572.jpg
おばあちゃんになると、頭が赤ちゃん返りするのかな。
なのに、お酒も飲むなんて、なんかもうメチャクチャなかんじですね。はっはっは。

あーちゃん1号にも、クリスマスに、上の画像の絵本を贈りました。
「ぐりとぐらのおきゃくさま」は、クリスマスにぴったんこ。
「にゃーご」は、思わずにんまりなお話よ。

あーちゃん1号は、さっそくママに「ぐりとぐら・・」を読んでもらっていたけれど、反応は薄し。
「にゃーご」も表紙だけ見て、ソファーにポイ。
なんでやね~ん。

って、それはもうひとつの贈り物、アンパンマンタワーのせい。
f0057509_1452744.jpg
まったくもって、アンパンマン強し!であります。

この日は、うーちゃんも遊びに来てくれて、楽しげなあーちゃん1号。
f0057509_2143683.jpg
対して、あーちゃん2号は、あいかわらずママにべったり。
ママがちょっと離れると、泣くは泣くは、鼻水は出るは出るはで、もうぐっちゃぐちゃ。
でもまあこれも、大切な成長過程のひとつ。そう思えば、可愛いものよね。ふっふっふ。


わたしはおばあちゃん。
だけど、
クリスマスになるとなんだかうきうきしちゃう。

いつかきっとまた
おばあちゃんの枕元にもサンタクロースさんがプレゼントを置いていってくれるはず。
な~んてね。はっはっは。
f0057509_21141665.jpg

[PR]
by parumax | 2014-12-30 21:27 | わたし&家族 | Comments(2)

奥多摩でお昼ごはん

土曜日に、一度行ってみたかった奥多摩のお店で、おとーさんとランチしてきました。
うちからだと車で1時間半ほどかかり、ちょっと遠いのですが、紅葉も期待して出かけました。
f0057509_20541311.jpg
写真は、数馬峡橋(かずまきょうばし)と白丸湖(しろまるこ)。紅葉も期待通りできれいきれい♪

この数馬峡橋は、終点の奥多摩駅のひとつ手前の白丸駅近くにかかっています。
目的のお店は、この橋を渡った先にあります。
↓木々の間にちらっと見えてる建物が、そのお店。
f0057509_21222746.jpg
橋は、車で渡ることはできません。橋の手前の駐車場に車を置き、歩いて渡ります。


f0057509_21285597.jpg← こちらがそのお店の入り口^^。

オーガニックの黒豚を使用したお料理を提供してくれる
「アースガーデン」 さんです。

以前は、有機野菜中心のメニューのみでしたが、こだわりの店主さんが、よいお肉と出会ってしまったようで、つい最近メニューリニューアルされたようです。


以前から人気のあるお店だったようですが、お肉料理になってさらに人気がでたのか、売り切れ御免となることも多いようです。この日もヒレカツを食べたかったのですが、すでになくなってました。なので、わたしはロースとんかつ、おとーさんは、塩麹豚丼をいただきました^^。

夢中で食べちゃって、写真撮りをすっかり忘れてしまいました^^;
こんどはもうちょっと早めに行って、ヒレカツか、しゃぶしゃぶをいただきたいと思います!

そうそう。店主さんは、女優の石田えりさんの妹さんだそうです。たしかにちょっと似てました^^。
[PR]
by parumax | 2014-11-10 22:13 | わたし&家族 | Comments(2)

日帰りバスツァー♪ (11月2日) 紅葉の湯沢高原と塩沢宿 

暖かな日でしたが、ロープ―ウェイでの頂上付近は寒いだろうと思って、上着を持っていきました。
が、いやはや暑いくらいで上着ナシでも全然大丈夫。ジェラートまで食べちゃったくらいでした^^。
f0057509_1425753.jpg
湯沢高原のロープーウェイは、ななんと166人乗り!世界最大級だそうであります。
写真ではぱっとしませんが、紅葉も盛りでとてもきれいでした。

‘7種のあぶり海鮮ちらしと甘エビ食べ放題とカニ汁’というお昼でしたので、
しっかりといただいてきました066.gif^^。

塩沢宿では少し雨に降られましたが、宿場町に雨というのもまた趣があっていい感じでした。
(またまた電池切れで、塩沢宿以降の写真はナシ)

今回のバスはトイレ付でしかもゆったりシートでしから、とても快適でした。
まあトイレ付きでなくてもいいけれど、全ての観光バスが、ゆったりシートだったらいいのになあ。

そして帰路、前回と同じく、また関越でやられました。25キロの事故渋滞。
でも前回のように高速を下りての迂回ではなかったので、1時間半遅れの到着ですみました。
やれやれ。

今回は、パルプリにお留守番を任せました。
パールさんが最近若干おとボケちゃってるので、お部屋での粗相を想定の上で出かけました。
でもでも、拍手でありました~。洗面所に敷いたトイレシートの上でちゃ~んと用をたしてました~。
まだまだボケちゃあいませんね^^。エライエライ!
プリちゃんももっちろんおりこうさんで待っててくれました^^。
ご褒美は小あじ干し。おいしそうに食べておりました^^。

そして、お持ち帰りの海産物のお土産の中にあったはまぐりでお味噌汁をつくり、買ってきた地ビールで、おとーさんとおつかれさんのカンパ―イで、締めました^^。
f0057509_15201163.jpg
ちなみに海産物のお土産の内訳は、紅ズワイガニ1杯、イカ1杯、フグ一夜干1枚、ハマグリ50g。
これが一人分なので、×2であります。
お魚好きなので、こういったお土産付きツアーについつい目がいってしまいます^^;
[PR]
by parumax | 2014-11-04 15:30 | わたし&家族 | Comments(0)

♪プレコンサート

八王子で、「W.A.モーツァルトの時代」が、3回のシリーズで始まります。
八王子のいちょうホール開館20周年記念事業のひとつだそうです。
今回は、そのシリーズのプレコンサートに行ってきました。
f0057509_1148412.jpg
(写真をクリックすると、もう少し大きく見られます。)
モーツァルトといえばそのほとんどが長調の曲、ということだそうですが、今回聞いた中に短調のバイオリンソナタがありました。母親を亡くしたころの曲だそうで、喪失感孤独感絶望感がこの曲を生み出したとプログラムにもあります。まあ人それぞれの感じ方はあるかと思いますけど、わたし的には、それほど悲しい感じはしませんでした。でも、いい音色でした。
[PR]
by parumax | 2014-10-30 12:09 | わたし&家族 | Comments(0)

娘が持ってきた懐かしいもの (ふたつめ) *トロフィー*

さて、娘がもってきた、もうひとつのものがこちら。
f0057509_1481912.jpg
そう。小さなトロフィーです。
そこに記されてるとおり、皆勤賞ということで、通っていた幼稚園からいただいたものです。

娘は2年間幼稚園に通いましたが、年長さん時の1年間を皆勤。
年長さんは80人ほどいましたが、皆勤した子は5人ほどだったように思います。

皆勤した子たちは、卒園式で、卒園証書とは別に名前を呼ばれ、得意満面なお顔で賞状とトロフィーをいただくわけです。娘も同様でしたが、いただいてからお席に戻るまでは、恥ずかしいのか照れてるのか、お口をぎゅぎゅっと結んで、首をちょっとかしげて^^。でも、歩き方だけはとても元気なものでした。いやいやほんと、懐かしい思い出です。

なつかしついでにアルバムを見たら、うちでとった写真がありました。
ちょっとすまして、トロフィーと賞状を持っています^^。
f0057509_15121129.jpg

にしても、ペッタンポンといい、トロフィーといい、なぜにわざわざ持ってくるんでしょうねえ。
小さなものなんだから、自分ちにだって置いておけるでしょうに。などと言いましたら、
「いえいえどちらも自分ひとりではなしえないことでしたから」とかって。

う~ん。そのひと言はとーっても嬉しいけれど、持ち帰ってくださっても全然かまいませーん^^。

そうそう、ちなみにうちの子たちは、ほんとありがたいことに健康だったこともあり、小中高と欠席がほとんどなく、二人共に何度か皆勤賞をいただいています。親がいうのもなんですが、ほんと二人ともとても頑張ったと思います。学校が好きだったのかも知れませんね^^。
[PR]
by parumax | 2014-09-21 15:34 | わたし&家族 | Comments(0)