「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:卒業わんこ近況他( 55 )

ホルンくんとセーラちゃんの思い出

ご存知の通り、ホルンくんもセーラちゃんも元預りっ子でした。
なので、思い出といったらやっぱり預かり時のこと。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

我が家でお預かりしたはじめての子犬3匹。その中の1匹がホルンくんでした。
ホルンとチューバ(現ちゃっぴくん)とピッコロ(現みるこちゃん)。3匹はきょうだいでした。
f0057509_12575894.jpg
別の預かりさん宅にいった他のきょうだい犬の中には感染症で亡くなる子もいたので、はじめはとても心配もし、乳飲み子でしたので、それなりに手もかかりました。
でも、今となってはもうただただ可愛かった思い出ばかりが残ります。
f0057509_13295589.jpg
だれがどうみたって可愛い^^。
f0057509_13303173.jpg

ピッコロちゃんとチューバくんは、早々にいぬ親さまが決まりましたが、ホーちゃんのお預かりはちょっぴり長引きました。でもわたしとしては、ホーちゃんの成長がみられてとても楽しい期間でした。


emoticon-0171-star.gifずっと3匹でくっついて寝てましたから、1匹になってからは少し寂しかったみたい。でも、頓着のないさらっとした性格でしたから、ひとり寝の気持ち良さがわかるや、ご覧のとおりの態でした^^。
f0057509_13482131.jpg


emoticon-0171-star.gifマックスに、猫との付き合い方を教えてもらったホーちゃんは、
f0057509_13423872.jpg
言われた通りにそれを実践してました^^。
f0057509_13432548.jpg


emoticon-0171-star.gif人との関係もきわめて良好でしたから、犬というものはみな、人の手を煩わせることなく、そして、何の問題もなく、人に溶け込んでいく存在、と、錯覚?してしまいそうになったことも度々(笑)。
f0057509_1484151.jpg


emoticon-0171-star.gif猫に対しても人に対してもそうでしたから、同様に、他犬とも仲良しになる力を持っていました。その最初の相手がパール姐さんでしたから、これはもうとってもスゴイこと。でもホーちゃんはそれをサラーっとスマートにやってのけたのでした。
f0057509_1511811.jpg
f0057509_15122052.jpg
f0057509_15123860.jpg
f0057509_15125452.jpg
f0057509_15131427.jpg
f0057509_15135141.jpg
はい!ホーちゃんに拍手~emoticon-0137-clapping.gif

emoticon-0171-star.gifお次は、ホーちゃんの忘れられない面白体勢^^。
f0057509_15165875.jpg

emoticon-0171-star.gifそして当時の日記2004,2,1 から「ステキなホルン」。
預かり親バカですがホルンはとってもステキなワンコ♪
オリーブ色の瞳。テラコッタカラーのお鼻。
メーンの毛色はキャメル。あごからおなかにかけては優しいホワイト。
あんよにはホワイトのかわいいショートソックス。すらっとながいお首にながい足。
そして、半垂れお耳。全てがホーちゃんの魅力♪
f0057509_1139445.jpg
あはは。12年前のわたし、なんかうまいこと書いてますよねえ。
でもホーちゃんをただしく伝えてると思います(笑)。

そしてその後、ホーちゃんは、ほんとのご家族と出会い巣立っていきました。
ホーちゃんのご家族は3世代で暮らされてました。みながみなとてもホルンくんを可愛がってくれました。お父さんお母さんから、たくさん愛情を注いでもらいました。
お母さんは、毎年クリスマスと新年に楽しいお手紙をくださいました。
いただいたカードから、ホルンくんの幸福感が伝わってくるようでした。

12才と2か月でお空に逝ってしまったけれど、寿命をまっとうできたね、って思います。
先に逝って、パールを迎えてくれるつもりだったのかな。
ごめんねホーちゃん。パールはもうちょっと頑張ってからいくそうよ。

だからそれまで、広いお空をいっぱい飛び回って、見ていてね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

セーラちゃんは、ご存知のように、ブリーダー崩壊現場から救われたわんこさんたちの中の1頭で、ウィリアムくんと共にお預かりしたわんこさんでした。

ホルンくんの預かり日記は古いため見ずらいので、再度記しましたが、セーラちゃんの預かり時の様子は、このブログで見ることができますので、どうぞ こちらより ご覧ください。

預かり時の年齢はすでに6才ぐらいだったでしょうか。長い間過酷な環境下にいましたから、心の傷はもちろん、体の様子からも、あまり長生きはできないかもしれないと思いました。しかし、セーラちゃんご家族の元で、なんとその後8年という年月を生き抜きました。14才ってことかな。

家族の愛の力ってほんとにすごい!

ママは、セーラちゃんを迎えてくださって後、シェルティレスキューのボランティアもはじめられ、たくさんのシェルティさんを救ってくださっています。また八王子いぬ親会でもお手伝いくださり、その都度セーラちゃんを連れて来てくださいました。いつもちょこんと丸まってニコニコしてたセーラちゃん。わたしはセーラちゃんぜんぜん年とらないなーって見てました。でもそれは、ママが丁寧にケアしてくださってたから。きっとそうだと思います。セーラちゃん、うんと幸せだったね。

荼毘にふされる前日、ママから 「明日午後2時半くらいに送りだします。その頃に空を見上げていただければ嬉しいです。」とメールをいただきました。その時刻のお空は、今にも雪がふりそうな曇ったお空でした。でもそこに、セーラちゃんのあのはにかんだようなお顔が大きく浮かびました。
「なーんだセーラちゃん、大人だね。グレーがとても似合ってるじゃないの。。」
なことをつぶやきながら、また涙涙のわたしでした。

だけど、虹の橋では、同郷のシェルティさんたちが迎えてくれてるはず。
セーラちゃん、さみしくないね。

きっときょうも、あのちょっと笑ったお顔で、優しかったママをお空から静かにみてるにちがいありません。ママやみんなのこと、見守っていてくださいね。またね。
[PR]
by parumax | 2016-02-09 13:48 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

ホルンくんとセーラちゃんが、お星さまに・・

すみません、今はただ悲しくてきちんと書けません。
本日のところは、お知らせのみとさせてください。

ホルンくんは、
1月26日午前4時に、
大好きなお父さんお母さんに見守られ、静かに息をひきとりました。

お母さんのメールには、
「・・最後の最後に 一瞬とてもはっきりした目をしました。私達に、さよならって言ってくれたのかな と思います。」とありました。そして、「12才と2ヶ月。 ちょっと短かかったけれど、私達に 幸せをたくさんたくさんくれた 世界一かわいい三男坊でした。」と。

ホルンくんは、わが家で最初に預かった子犬3きょうだいの一匹でした。まだ乳飲み子でした。
懐かしいな。いろいろと思い出すともう次から次と思い出されて涙でぐちゃぐちゃなってしまいます。


どうして続くのでしょうか悲しい事が・・。

セーラちゃんが、
きょう(1月31日)亡くなったとお昼少し過ぎに連絡をいただきました。
苦しむことなく、とても安らかな最期だったそうです。

セーラちゃんの思い出もたくさんたくさんあります。
ほんとに優しい、でも自分をもった芯のある女の子でした。

また落ち着いたら、2頭の思い出を書きたいと思います。
きょうのところはここまでとさせてください。
[PR]
by parumax | 2016-01-31 15:21 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

パットくん

なかなか書けずにいました。
悲しみと寂しさと、そして思い出とがいっしょくたになり、とめどなく涙があふれてきてしまうのです。

まとまりのないことになるかもしれませんが、きょうは書きます。
パットくん、立派でしたから、わたしもちゃんと書かないとです。

・・・・・・・・・・

ブログ「ぱとモモ日記@鴨川」にもありましたように、
昨年9月、パットくんは、骨肉腫という診断を受けました。信じられない思いでした。

ご家族は決断され、10月、断脚にふみきりました。
骨肉腫の痛みは、想像を絶するものだそうです。決断は間違っていなかったと思います。
パットくんは、3本の足でもにこにこでしたし、食欲もあってよい経過をたどっていました。

しかしながら、2月にはいり下半身が麻痺。そして、転移と見られる腫瘍が確認されました。
麻痺のために介護が必要になったパットくんをお父さんお母さんは、全力で支えてくれました。
支えられてパットくんは、きっとご機嫌だったと思います。とても幸せな気持ちでいたと思います。

でも3月17日、パットくんは帰らぬ子となりました・・・。安らかなお顔だったそうです。

パット母さんからのメールより少し載せさせていただきます・・
・・・・・
てんやわんやの3週間の介護生活、いろんなことがありました。
でも今は、家にぽっかり大きな穴が開いてしまったみたいです。
・・・・・
お骨を拾うとき、やはり腫瘍があったと見られる部分のお骨は黒っぽく、もろくなっていました。相当痛かったと思うのに、こんなに忍耐強い子だったなんて。
よく頑張りました。
・・・・・
本当に甘えん坊で、犬らしい天真爛漫な子でした。
初めてうちに来た日のひょろひょろのパットのこと、今でもはっきり覚えています。次の日には、すんなりうちの子になっていました。
放浪していたモモと違って、幼い頃から一人でお留守番したことがないパットの性格は、ほんとうに花丸で… いたずらも覚えていないくらい、いい子でした。


そうなんです。パットくんは、預かり時から、ほんとに天真爛漫なおとぼけさんでした。
お笑い系で、プラス、甘えっ子で賢くて、かわいい子でした。
ハッキリ言って、困ったなーって記憶がほとんどありません。プリちゃんと同じです。
預かりバカ親バカとも言えますが^^


そして、わたしの命令を律儀に最後の最後まで、守ってくれました。
頑張って守ってくれたというよりも、家族の愛に包まれていたパットくんにとっては、それはもうたやすい事だったにちがいありません。パットくんのお父さんお母さん、変わらぬ愛情をありがとうございました。パットくん、毎日がどれほどか楽しかったことでしょう。嬉しかったことでしょう。
ほんとに泣けます。ほんとにどうしてこんないい子がと。

思い出がたくさんあります。

きのうのことのようによみがえるお届けした日の事
お見合いした日の事も。。

優しいお父さんお母さん、そして頼もしいお姉ちゃんのモモちゃん。
家族みんなにたくさんたくさん可愛がってもらいました。たくさんたくさん愛してもらいました。
幸福に満ち溢れた一生だったと思います。



先に逝っちゃうなんてずるいと思ったけれど、考えてみたら、パットくんは、一番の寂しがり屋だったから、最後に残るのは嫌だったのかもしれませんね。
パットくん、清ちゃんと待っててね。みんなもいつか行くからね。ちゃんと待っててよ。


ご存知のように、パットくんはプリちゃんのきょうだい犬です。
預かり時に付けた仮の名は、ポッキー。
マーブルくん、プリッツと合わせ、お菓子ちゃんズでした。とてもとてもかわいい3匹でした。

預かり時のブログから、ポッキーを中心にピックアップします。
2006年2月12日付
2006年2月19日付
2006年2月23日付
2006年3月5日付
2006年3月6日付
2006年3月10日付
2006年3月16日付
2006年3月24日付
2006年3月27日付
2006年3月27日付
2006年4月4日付
2006年4月5日付
2006年4月6日付
2006年4月8日付
2006年4月10日付
2006年4月23日付
2006年4月24日付
なんだか、けっこうな数になってしまいました。
こんなことなら、全部まとめてみていただいたほうがよかったですね。


実はプリちゃんの様子が、ちょっと変だった日が二日ばかりありました。
それは、パットくんが亡くなった日とその翌日でした。
和室に閉じこもって出てこなかったのです。

f0057509_151937.jpg具合が悪いのかと思いましたが、お散歩には行きましたし、ご飯もたべました。
今になって思うと、パットくんが会いにきてくれてたのではないかなと思えてなりません。

亡くなった日は覗いてないので、どんな様子だったかわからないのですが、翌日、こっそり覗いた時には、きょうもきてくれるかなといったふうな様子でした。

プリちゃん、ポッキーはね、プリちゃんの事、いつだってお空から見ててくれてるよ。
ポッキーの分まで長生きしようね。
[PR]
by parumax | 2015-03-22 17:46 | 卒業わんこ近況他 | Comments(2)

1月16日、ジョンくんがお空に帰りました・・

ご連絡をいただき、翌日にかけつけました。
眠っているだけ、そんなふうにしか見えませんでした。

パパに話しかけられながら、静かに静かに息をひきとったようです。
幸せの中での最期だったことはその姿からもうかがえました。

お顔は、天使そのものでした。
からだじゅうの毛もぴかぴかと光って、それはもう息をのむほどきれいで・・・。

ジョンくんは、昨年10月肛門嚢アポクリン腺癌と診断され、ご家族さまとともに闘ってきました。
治療の効果もあり、体調ももどり、11月の八王子のいぬ親会にも遊びにきてくれたのですが・・。


思い返せば、ジョンくんをお預かりしたのは、2010年2月のことでした。
あのころ、推定5~6才ほどでしたから、10才は越えているものと思います。

預かりでありながら、自分の大好きな犬種だったことと、ジョンくんの性格に惚れてしまって、あっというまに赤い糸が繋がったことが、何だかちょっと残念だったことが思い出されます。
もちろんジョンくんにとって、ご家族とのめぐり合いは、最高の幸せへのスタートでした。

お届けの日の事も、ついきのうのことのように思い出されます。
満開の桜の木の下で、パパママ、そして先住のキャンディちゃんと一緒にジョンくんも満面の笑顔。
こちらまで幸せな気持ちでいっぱいになる、そんな笑顔でした。

そしてそれは寸分の違いもなく、最後の最後まで幸せなジョンくんでした。
Iさま、素晴らしい愛を注いでくださり、ほんとうにありがとうございました。

ジョンくんは、家族のかたにはもちろん、近隣にかたやその他かかわった人すべてを癒してくれたようです。あのぽってりとあったかな体とほんわかな笑顔ですものね。
我が家でお預かりしてた時もそうでしたから、うんうんうんと、うなづける話です。

わたしが伺った日、17日は下のお兄ちゃんの大学入試のセンター試験の日でした。お兄ちゃん、涙をこらえてジョンくんの首輪を持って頑張って試験に臨んだそうです。
ジョンくん、お兄ちゃんにしっかりと力を送れたかな。


ママが送ってくださったたくさんのかわいいジョンくんの画像。載せさせていただきます。

ジョンくんのお散歩コース。パルプリんとことは大違いの素敵な河原だったね。
f0057509_13575060.jpg


先住犬のキャンディちゃんは少しだけ年下だったけど、いつもジョンくんを守ってくれてた。
f0057509_1359878.jpg


ママが救ったマリィちゃんと。2012年になくなったマリィちゃん。虹の橋で会えましたか。
f0057509_142132.jpg


近所でも評判の仲良しきょうだいでした。
f0057509_1454352.jpg


マリィちゃんなき後、ティンクちゃんがやってきたね。妹というより、お孫さんみたいだねぇ。
f0057509_1464665.jpg


と思ったら、ティンちゃんあっというまにおっきくなったんだよね。
f0057509_14122643.jpg
f0057509_14171061.jpg


ママがいないとお散歩行きたくない、とか言ってたそうです。虹の橋、ひとりで歩けてるかな。
f0057509_14202113.jpg


お友達が作ってくださったそうです。たくさんのかたに可愛がられていたんだね。
f0057509_1424234.jpg


ジョンくんの前半の犬生のことはまったくわからないのだけれど、後半の犬生は間違いなく素晴らしいものでした。たくさんの方々に御礼申し上げます。
f0057509_14282845.jpg



ありがとうの気持ちを込めて。
     ジョンくんからのお手紙です
f0057509_10292894.jpg
 (これは↑、預かり時にわたしが撮った一枚です。預かり時の様子は、こちら、カテゴリー ジョン でご覧いただけます。)

そうえいば、ジョンくんはうちにいたころ、マックスにとても優しくしてくれました。
f0057509_10295129.jpg
ジョンくん、虹の橋のどこかにマックスがいると思うの。探してみてね。
ジョンくんのお顔をみたら、マックスきっと喜ぶわよ。
じゃあねジョンくん。またいつかね・・。
[PR]
by parumax | 2015-01-21 14:40 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

ジョンくんの頭の上に~~♪

そうそう。ジョンくんのママから、いぬ親会にいらっしゃる旨のメールをいただいたときに、ジョンくんのお写真もいただいていたのでした^^;


見て!ベリ~グ~~ですよねえ♪
f0057509_1054367.jpg
しかもダブルの虹!お見事~emoticon-0137-clapping.gif



そして、ジャーン。虹の祝福を受けたジョン王子は、めでたく戴冠式の日を迎えられたのでした!
f0057509_1123336.jpg
なんちゃって~emoticon-0102-bigsmile.gif



そう。ジョンくんのおうちからはスカイツリーが見えるのですよ。
f0057509_11132969.jpg
でもって、コスモスも咲いている^^。
そんなお散歩道をキャンちゃんやお友達犬と毎日お散歩してるんだよね。

でも、最近ママと一緒じゃないとお散歩行かないんだってねえ。
いけずな事言わないで、パパやお兄ちゃんたちともお散歩いきなさいねジョンくん^^。

見た目ではとても健康そうですが、甲状腺機能低下症との診断を受けたジョンくん。お薬が欠かせなくなりました。でも、きちんと服用していれば大丈夫。
ママのいうこときいて、ちゃんとお薬飲んで、ちゃんと長生きするんだよジョンくん。
f0057509_11305480.jpg
うーん^^。何度見てもほんとにいいお顔だねemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by parumax | 2013-11-28 11:47 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

9才になったリノちゃん&マーチくん

「9才になりましたー!」
と、リノちゃんのママとマーチ君のお母さんから同時にメールをいただきました♪

こちらが、マーチくん♪
f0057509_14105158.jpg


そしてこちらが、リノちゃん(大きい方)&弟犬のボノくん♪
f0057509_1411163.jpg


毛の色も毛の長さも違っていたし、性格もちょいと違っていましたから、子犬の頃はほんとあまり似てはいなかったけれど、こうやって久しぶりに見ると、やっぱ似てるなーって思います^^。

子犬の頃、リノちゃんはお転婆さん度が高く、マーチ君は引っ込み思案度がかなり高かった。
そんな2匹でしたが、共通して持っていたのが、優しい心根です。今の二匹はきっとその度合いが、お転婆さん度より引っ込み思案度より、高いのだろうなって思います。

リノボノママさんいわく、「リノちゃんボノくんは、ママを励ましてくれる天使」。
マーチ母さんいわく、「どんなワンコにもどんな人にも愛される癒しのアイドルわんこ。」
なのだそうですよ^^。そして「食いしんぼうをのぞけば、本当に性格の良い子です。」って^^。

マーチくんもリノちゃんも、少し白っぽくなってきたけれど、お散歩したりわんこ達とバトルしたりとほんとに元気そう。またこの一年も元気に、そして楽しく暮らしてくださいね。
[PR]
by parumax | 2013-11-26 15:02 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

卒業わんこ・ジョンくん 1周年!

ジョンくんが卒業して、早一年が経ちました!
でも、ずっとずっと前から、I さんちの子のような気がします。

それもそうですよね。だってうちでお預かりしてた期間なんてちょっぴりでしたからねえ。
そのうえ、ジョンくんてば、I さんちにお届け直後から馴染みすぎだし~(笑)。
でも、いいのです。だってほんとのおうちなんだもんね。

わんわんケーキでお祝いしてもらったそうです。幸せ者だなあ^^。
f0057509_14552285.jpg
温和なジョンジョンは下の息子を叱っていると
そわそわして一生懸命私に「お手」してきます。
まるで「ママ、叱らないであげてクダサイ」と言っているみたいです。
f0057509_14571259.jpg
ジョンは硬いおやつずーっと口に入れてなかなか噛み始めません。
なんとなあーくふやかしてからカミカミ・・はじめます。
f0057509_1501872.jpg
ジョンがいるだけで私達は優しい気持ちになります。
ジョンがいるだけで私達は幸せです。

ママ、どうもありがとう。
デカデカ天使のジョンくんをこれからもよろしくお願いします。
たっぷりたっぷりなでくりまわしてやってください。

人気ブログランキングへ
[PR]
by parumax | 2011-04-05 15:23 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

卒業わんこ ♪ メルちゃん

ママからお電話をいただきました。お写真は写メール emoticon-0142-happy.gif
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

膝蓋骨脱臼症の手術をしたあと、もうそろそろいいなというところで、こんどは靭帯を痛めてしまい、けっこう長い期間エリザベスカラー生活だったメルちゃんでしたが、
f0057509_21113429.jpg

ここにきてようやく解放されたそうです。
遊びたい盛りだったでしょうに、メルちゃんは、うんと頑張りました。
f0057509_2118679.jpg

メルちゃん、良くなってほんとによかったね。パパやママにありがとうだね。
またしっかりと筋肉つけて、アスリート系のかっこいい走りを見せてくださいね。
f0057509_21212479.jpg


こちらの子は、わん友のミッキーくんだそうです。
f0057509_21403997.jpg
ハスキーと柴のミックスで、パールちゃんと似てますよ、とママ。
f0057509_21405581.jpg
うんうんうん。毛色とか、かつらを被った感じとか、似てる似てる^^。
でも、パルちゃんよりスマートでスッキリしてるね。それにパルちゃんよりぜんぜん優しそう^^。

emoticon-0157-sun.gif 預りっ子時代のメルちゃんは こちら で見られます。その頃、愛称はペイズリーでした


emoticon-0157-sun.gif ********************

  いぬ親会のお知らせ
  あさっての日曜日(3月6日)は、ちばわん品川いぬ親会です! ねこ親会もです!
  詳細は、こちら。

[PR]
by parumax | 2011-03-04 21:45 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

卒業わんこ・ブライアンくん ♪

ママから近況をいただきました。
可愛い写真もいっぱいですよ。ルンルンル~ン

emoticon-0157-sun.gif  emoticon-0157-sun.gif  emoticon-0157-sun.gif  emoticon-0100-smile.gif  emoticon-0157-sun.gif  emoticon-0157-sun.gif  emoticon-0157-sun.gif

あーん、もうすんごいかわいい^^。
f0057509_1410766.jpg

ブライアンくんも、Rくんも元気モリモリだそうですよ^^。 
f0057509_14102910.jpg

f0057509_14285885.jpg

(二人は夏も冬も年中くっついてみたり、場所争いをしてみたり始終何かしらゴタゴタとやってますが息子も三歳を過ぎてかなり自分で色々な事が出来るようになり、ブライアンのご飯を用意したりお世話をしてくれることもあります。おやつも一緒です。)   ほんとだー。仲よく食べてるねえ^^。

f0057509_1430828.jpg


ご実家のわんちゃんラブのりゅうくんは、何もかもが嬉しすぎですぐ興奮しちゃうハイテンションな13才のおじちゃん犬だそうです。あまりのはしゃぎっぷりに、動物病院では、「年中カーニバルだね」って言われてるそうです。陽気なおじさん犬が近くにいて、ブライアンくんも楽しい毎日だね^^。
f0057509_14311730.jpg


ブライアンくんときょうだい犬のマロンくんちは、わりと近いので、時々交流されてます。
こちらの写真は ↓、マロンくんがブライアンくんちに遊びに来た時のものだそうです。
f0057509_14313456.jpg


家族とお散歩の写真もとってもいいなあ^^。
f0057509_1432290.jpg


(息子は、どんなに寒くたって毎日夕方、ブライアンとの散歩に一緒に出て暗くなるまで遊びます。ブライアンのほうが寒くってお家に帰りたそうにしています。)ですって^^。ぷぷっ。
f0057509_14324798.jpg
ブライアンくんは、プリちゃんに育てられたようなものだから、優しさいっぱいなんだよねemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by parumax | 2011-02-23 15:25 | 卒業わんこ近況他 | Comments(0)

なつかしいね。アポちゃんですよ^^。

あらあらアポちゃん、お口周りに白い毛が混じってきたわねえ。
でも、まん丸お目目とかわいい口元は、昔のまんま^^。
f0057509_12572476.jpg
パールと大の仲良しだったアポロくん。地元でもモテ系だそうですよ^^。
お散歩は大きな公園よりも、海のあるポートタウンのほうが好きなんだとか。
パールに甘えてばかりだったのに、クールボーイになったんだねえ。

     (パールとアポちゃんの思い出写真)
f0057509_14164269.jpg


こちらの写真では、かなりのおっちゃん姿をご披露emoticon-0136-giggle.gif
f0057509_1321752.jpg
アポちゃんのこのお顔とこの姿、誰かに似てると思いません?
大きな声では言えませんが、なんだかプリちゃんに似てますよねえemoticon-0136-giggle.gif
パルちゃんがお好みの子はみなこうなるのかしら(笑)。

アポちゃん、ほんとのきょうだいのルナちゃんとは、今でもちっとも似ていない(笑)。
って、アポちゃんたちきょうだい9匹はみな似てないんだよね。
ちなみに、ルナちゃんは茶系のロン毛~。

       (ルナちゃんのブログより)
f0057509_14441925.jpg

      (アポちゃんとルナちゃんを我が家でお預かりしてた頃の思い出写真)
f0057509_1419446.jpg
でも、今でもそっくりなところがあります。
それは、すっごくおりこうなところと、誰とでも仲よくできるところと、家族が一番!ってところですemoticon-0100-smile.gif
[PR]
by parumax | 2011-01-18 18:00 | 卒業わんこ近況他 | Comments(4)