「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ご長寿マックス( 18 )

きょうはマックス生誕の日。

5月25日の一周忌にはどうも気が重くて出来ませんでした。
でも、きょう5月30日はマックスが生まれた日ということで、なんとなく気持ちも晴れ、実行しました。
一年間おうちに置いていたお骨を土に返すことを。

きれいな土をかけてあげました。
すべてかけ終った時、マックスは風になったんだなあと思いました。
土に返してあげて良かったなって思いました。

マックス、君の事、ずっとずっと忘れないでいるよ。ずっとずっと心の中に生きてるもの。
このあいだね、動画をみてたら君が写ってて、あっ、マックスだって言ったら、プリちゃんが飛び起きてきました。そしてお庭のほうを見て探してましたよ。プリちゃんもマックスの事忘れてないんだね。

そうだ。プリちゃんにマックスのお墓の見守りをお願いしようかな。
いつもこんなだからちゃんとやってくれるかわからないけどね。
f0057509_22252477.jpg
もし頭に来たら、お空からにゃあごと言って脅かしてやってくださいね。
[PR]
by parumax | 2014-05-30 22:48 | ご長寿マックス | Comments(0)

最期まであっぱれなマックスでした!

マックスが亡くなってきょうで5日。
そしてきょう5月30日はマックスの生誕19年という日です。

人は、あと5日生きていればよかったのに、と思いがちだけれども、
マックスは猫でしたから、にゃあごの25日に逝けて、嬉しかったと思います。
しかも平成25年5月25日でしたから、にゃごにゃごです。まことにあっぱれというほかありません。

きっと、虹の橋で迎えてくれた猫の神様や仲間達からも、
よくやったにゃあと称賛されたのではないかしらね。いやはやさすが。


あっぱれぶりはそればかりではありません。
最後まで自力でトイレに行こうとした、そのことにもあっぱれです。

亡くなる前日の夕刻にはすでに後ろ足がままならず、立ち上がれなくなっていたのですが、なんと深夜、ベッドから這い出て、ベッド脇でおしっこをしていたのです。そして翌25日の朝になってもその気力は衰えず、なんとか体を動かそうと顔を持ち上げたりしていました。
f0057509_14482637.jpg
もちろんベッドにはシートを敷いてあり、そこでやってしまってもよいようにしてありましたが、マックスとしては、トイレに行くことがそのまま生きることにつながっていたと思われます。

その後、ちょっとあきらめて、おとなしく、お布団からお外なんか見てたりしていましたが、
f0057509_1454364.jpg
立ち上がれないことが悔しいのか、その顔つきはかなり不満気なものでした。
そしてちょっとさみしそうでもありました。
f0057509_14562263.jpg

お水をシリンジでほんの少し飲ませました。しばらくして、急に吐きそうな様子になったので、タオルをはぐって体をおこしてあげると、マックスは白いものを少しだけ吐きました。前夜に与えたミルクかなと思います。あれっと思ってみるとシートも濡れていました。そうそう、これでいいんだよマックス、これからもここでやっていいからね、と声をかけてシートを交換してあげました。

でもマックスはこの時、悟ったと思われます。
f0057509_15161572.jpg
午前中からの様子からは一変、お昼頃から、どんどん様子がおかしくなってきました。
2階にいた息子を呼びました。

こちらをじっとみつめ、小さくかすれた声でにゃあと鳴きながら話しかけてくるマックス。
f0057509_15311776.jpg
うんうん。わかったよマックス。わかったから大丈夫。・・・
(今思うと、マックスが鳴いたのはこれが最後だったように思います。)

わたしは、マックスをベッドごとかかえ、大好きだったサンルームに連れていき、よく座っていたベンチに乗せ、窓を開け、お外を見せました。
f0057509_15365920.jpg
きょうは風が気持ちいいねえマックス。お庭だよ。わかる?
マックスは力を込めて目を開け、じーっとお外をみていました。
昼間でほんとによかった。そう思いました。

意識がなくなりそうでしたので、お部屋にもどって抱きかかえました。すると、何と表現したらいいのでしょうか、息継ぎをしているようなとでもいうか、音の出ないくしゃみをしてるようなとでもいうか、そういった様子が起こりはじめました。はじめは、5秒に1回くらい起こっていました。でもそれも、10秒に1回、30秒に1回と少しづつ少しづつ開いていき、ついには、何秒待ってもそれが起こらなくなり、そのまま、ほんとうにとても静かに、息をひきとりました。
f0057509_161378.jpg
ベッドに寝かせ、念のため、心音をたしかめました。すると、かすかながらまだ動いてるようなかんじが。息子にも確かめてもらいました。動いてるよ!息子も驚いたように言いました。2~3分は動いていたでしょうか。そして、命をきれいに使い切り、午後1時42分、マックスはとても安らかにその眠りにつきました。ほんとうにほんとうにあっぱれな最期でした。
f0057509_1691552.jpg
わたしもかくありたいなと思いましたし、パルプリもこうであってほしいなと思いました。
ってまだそんなことを言うのは早いですかね^^。

そのパルプリですが、その時にいったいどうしていたのか、全然おぼえていません。
翌日になってようやくパルプリに目がいきました。マックスをのぞきこんでいました。
f0057509_16323222.jpg
送りだす際、付いてきたがるので困ってしまいました。それなりにわかっていたのかもしれません。

娘をはじめ、来てくださったかたもみな、マックスを見て「普通に寝てるみたい。。」と言いました。
あーちゃんも、「マックシュ、ねんねしてるねえ。」と言いました。。
f0057509_1634057.jpg
お骨を拾う時、「マックシュどこお?マックシュいないねえ・・」としきりに言うあーちゃんに、娘はこう言いました。「マックスはね、ホラーマンになったんだよ。」って。(ホラーマンはアンパンマンに出てきます。) そんなふうに説明されちゃって、マックスは「ねえちゃん、あいかわらずおばかだなあ。」と言いながら、笑っていたかも。

荼毘にふす際、係りの方から、老猫とは思えないきれいな毛並みですねと言われました。
また、洋猫はあまり長生きしないそうで、よほど健康な猫さんだったのですねとも言われました。

遺骨も立派なものでした。毛並み同様、とてもこの年の猫さんとは思えないと言われました。
頭からしっぽの先まで、お骨をきれいに並べていただけました。
驚いたことに歯もしっかり残っていました。どこまでもどこまでもあっぱれなマックスです。

亡くなった日のブログで、わたしは「堰き止めてる涙がどばどばと出てきそうで・・・。」と書きました。悲哀にうちのめされるに違いないと思ったからです。でも、あまりそうはなりませんでした。もちろん、いなくなって寂しい気持ちにはなります。でもそれとはまた違ったなにか清々しい気持ちというか、言葉としてはちょっと違うかもしれませんが、達成感みたいなものを感じています。そしてそれは、マックスの願うところでもあるのではないかと思えてなりません。

とても丈夫な子でしたから、マックスと私たち家族は、共に長きを幸せに過ごすことができました。
そして、最後は家族みなで送りだすことができました。
少し前に息子に「マックスが死んじゃったら、弟が亡くなりましたといって忌引きをとりなさいよ。」と冗談で言ってたのですが、マックスはそれを聞いていたのか、全員が揃う週末にすべてを合わせてくれました。そんなあっぱれぶりですからね、やはりあふれるでるのは涙ではなく、マックスありがとうねの気持ちです。

何だか長々と書いてしまいました。ほんと親バカですみません。

最後になってしまいましたが、たくさんのコメント、そしてたくさんのお花をありがとうございました。
コメント等のお返事は少し時間がかかるかもしれませんが必ずさせていただきます。

今マックスは、たくさんのお花に囲まれています。というか、埋もれています^^。
f0057509_2304115.jpg
でもお空から、わんこにゃんこの幸せとみなさまの幸せを願っていると思います。
f0057509_231239.jpg

マックスがお骨になった翌朝、起き上がるとなにやら体中が変な感じになっていました。わたしは思いました。マックスの骨がわたしに入り込んでるーって(笑)。これからパル母は時々にゃあと言ってしまうかもしれませが、どうぞ驚かないでくださいね。そういうわけなのですから。はっはっは。
[PR]
by parumax | 2013-05-30 23:13 | ご長寿マックス | Comments(4)

マックスは安らかに永遠の眠りにつきました。

享年18歳11ヶ月と25日。
マックスは、ほぼ19年という年月を見事に生ききりました。
f0057509_23305479.jpg
お世話になったみなさま、気にかけてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。

明日、荼毘にふします。家族みなで立ち合います。

きょうはマックスの写真をたくさん撮りました。それをお見せし、いろいろお話もしたいのですが、何だか頭が変になってるようで・・・。夕食の支度の時も、ほうれん草をゆですぎたり、煮物にみりんを何度もいれちゃったり、杯にお酒を入れるつもりが豆乳を入れたり・・と、なにやってだか、なに言ってんだかの状態です。

それにきっと今書き始めたら、堰き止めてる涙がどばどばと出てきそうで・・。
なので、また日を改めて書きたいと思います。
よかったらまたお立ち寄りくださいませ。
[PR]
by parumax | 2013-05-25 23:58 | ご長寿マックス | Comments(34)

きょうのマックス 5月24日 

残念なことに、きのうからお刺身も食べなくなったマックスです。。ココナッツオイルもなめません。
f0057509_1514580.jpg
要するに何も口にしなくなったということです。

今朝方、絞り出すような声で「にゃあああご。にゃあああご。」と泣くので、しばらく抱きかかえていました。ぐったり感があったので、シリンジでお水をほんの少し飲ませたら、大きく息を吐きました。

いよいよかと思いましたが、心臓の音を探ると弱いながらもちゃんと動いています。
お布団に寝かせ休ませました。少し時間を置いて、ミルクもシリンジで少し飲ませてみました。
ほんのちょっと飲み、あとは嫌がるのでやめました。

その後、おしっこで起き上がり、シートに乗るまでに何度か倒れながらも用をたしました。
そしてお布団には戻らず、またお水のそばに。

今では座ってもすぐに右に倒れてしまうマックス。
そのことが自分でもわかっているのか、犬の置物を支えにして座ったり▲、
窓ガラスとの狭い隙間に身を置いたりして体を支えています。
f0057509_15334727.jpg
横たわったらおしまいだとでも思っているのでしょうか。。。

そういうふうに言うと、
「おしまいって、いったい何じゃい。」と言った顔つきになるマックスです。
f0057509_15353333.jpg
そうだねそうだね。まだまだおしまいじゃないよ(泣笑)。
[PR]
by parumax | 2013-05-24 15:42 | ご長寿マックス | Comments(2)

なぞの行動

どうしてでしょうか???
きのうからやけにお水の横にいたがるマックスです。
f0057509_15294039.jpg

動けないのかしらと思い、お布団まで抱いていって寝かせても、
f0057509_1539222.jpg
またひょこひょこと歩いて、お水の横に来てしまいます。

お水を飲むだけならわかりますが、
f0057509_15403340.jpg
そこで座り込んだり、寝ちゃったりなんかしています。
f0057509_15414351.jpg
きょうもずっとはりついています。


これはなにか意味のある行動なのかしら?? 
うちの猫もそうだったという経験をお持ちの方、いらっしゃいますか?

今のところ謎ですが、いいお顔だったので、写真をたくさん撮りました。
f0057509_15512157.jpg

f0057509_15514952.jpg

f0057509_1552297.jpg

f0057509_1552103.jpg

f0057509_15524962.jpg

[PR]
by parumax | 2013-05-22 15:52 | ご長寿マックス | Comments(2)

お刺身生活だけれど・・

マックスは、「ホネカワ スジエモン」 になってしまいましたemoticon-0101-sadsmile.gif 
f0057509_22551087.jpg
小っちゃくなって体重もないので、プリちゃんが横を歩いただけでも、その風圧で倒れてしまいます。

危ない状況になることも度々です。
f0057509_1531398.jpg
でも、その都度、なんとか乗り越えています。

驚くべきことは、かなり調子が悪くても、ひとりで立ち上がってトイレに行くことです。
f0057509_1536169.jpg


調子がよいときには、テコテコ 歩きまわったりなんかもします。
f0057509_15424873.jpg


異名どおり、ほんとにフェニックスかもしれません。
f0057509_15493528.jpg


前回、超高齢猫用の缶詰を再び口にし始めたと書きましたが、その後、まったく口にしなくなっています。そこで、まさかねえと思いながらも、試しにお刺身をひと切れ手の平に乗せ、口元に持っていったところ、なんと、パクッと食いつき、そのまますごい勢いで食べてしまいましたemoticon-0104-surprised.gif
f0057509_15504886.jpg
結局その日から、マックスは一日3回、お刺身を食べています。
f0057509_15512831.jpg
でも、1回につき、ひと切れ程度ですし、他のもの(ココナッツオイル、猫ミルクなど)ももうほとんど受付けなくなっているので、いくら食べてももう身にはならないといったふうです。
f0057509_22252490.jpg


なので、当然ながら体調も良かったり悪かったり。今も口からの出血で横になっています。。
f0057509_22254039.jpg
呼吸をしているかな。気になって度々見てしまいます。

少し楽なお顔になってきたように見えます。。なんとか大丈夫そうです。
f0057509_2252301.jpg
というか、プリちゃんのほうが苦しそうな顔で寝てますねえ(笑)。
[PR]
by parumax | 2013-05-19 23:38 | ご長寿マックス | Comments(4)

きょうのマックス 4月28日

マックスまたまた復活にゃあ~^^。

「ふっふっふ。きょうからは僕のこと、フェニックスと呼んでもらおう。」
f0057509_2091617.jpg
と、偉そうにしております^^。

2月の初めに受診して以来、通院はしていません。
血液検査等を受け、いろいろ調べれば、いろいろ悪いところはあるかもということですが、先生は、特にそれを勧めたりはしません。むしろ、「マックス、おいしいもの食べられていいねえ。いっぱいもらって、ゆっくり過ごすんだよ。」といったふうです。わたしも先生とまったく同じ気持ち。
今は、お薬ももらっていません。

マックスは、人間よりも自然治癒力を持ち合わせています。今はこれが食べたい。これなら食べられる。今は食べないでひたすら眠るんだ。マックスは、そんなふうにちゃんと自分で自分の体調を感知しコントロールしているように見えます。なので、強制給餌も今はおこなっていません。

ここ数日、ミルクとゼリーのみの食事でしたが、ものすごい睡眠量の後から、再び缶詰を食べだし、一日の量も4分の1缶から3分の1缶、そして半缶と自分で徐々に量を増やし、きのうは一日1缶食べ、きょうは、すでにお昼までに1缶完食ですから、この調子で行けば夜も食べ、一日2缶までいけるかと思われます。

口からの出血は今は止まっていますが、よだれは相変わらずです。が、それも理にかなったことなのかと思いますので、出れば拭いてあげる程度にしています。

前に強制給餌で与えていたハチミツですが、僕にはもうこれは合わないよーといったかんじで嫌がるようになったので、すでに止めています。それに代わって与えているのは、ココナッツオイル(オメガ社)。とても喜んで舐めまくります。まるで、その効能を知っているかのようです。

「うんうん。わかっちょる。あれはうまいにゃり。」
f0057509_13145871.jpg
好きなものを食べてもらい(といっても体に良からぬものは与えませんよ^^)、たっぷりお昼寝してもらい、体を冷やさず、ゆっくりのんびり過ごしてもらえればと思います。

わたしも老後はかくありたいものです^^。
[PR]
by parumax | 2013-04-28 13:43 | ご長寿マックス | Comments(4)

きょうのマックス 4月25日

ちょっとしんどそうです。
f0057509_1312376.jpg
前に紹介した15歳からの健康缶、これを少し前までは一日3缶、喜んで食べ、体重も増えかけていたマックスですが、このあいだの口腔内の悪化で、またまた食べなくなってしまいました。

今はキャットメンテナンスミルク(成猫・シニア猫用)とニュートリプラスゲルのみが頼みの綱。
頑張れるかマックス。


この体ですから、保温は欠かせません。
太陽が出ている昼間はサンルームで過ごしていますが、朝夕と曇りや雨の日はリビング内です。
人間用のホットカーペットは暖かだった日に片付けてしまったので、わたしのパソコン机の下で使っているホットマットを置きました。まん丸でお座布団くらいの大きさです。写真は座布団カバーを上にかけた状態です。細かく暖かさを調節できますし、タイマーつきですからなんとはなく安心。
f0057509_1318292.jpg
パルプリが乗っかることもあります。でも、マックスが来れば移動します。感心なやつらであります。
[PR]
by parumax | 2013-04-25 13:33 | ご長寿マックス | Comments(0)

きょうのマックス 4月18日

気持ちよくお昼寝していますemoticon-0157-sun.gif
f0057509_11594364.jpg

[PR]
by parumax | 2013-04-18 12:00 | ご長寿マックス | Comments(0)

マックス、またひと山越えました。 4月16日

歯肉炎や口内炎などによるお口のトラブルで、度々口からの出血があるマックス。
おとといの昼間、それがかなりの量で、しかもなかなか止まらなくて、危ない状況になりました。
f0057509_10493596.jpg

ぐたっとなったので、タオルでくるみ、なるたけ血が喉のほうに行かないよう、顔を少し下向き加減になるように抱き、「マックスー」と声をかけながらさすって、体の保温に努めました。
しばらくそうしていました。少し血の気がもどったようでしたので、こんどは息子に抱っこしてもらい、成猫用のミルクを作って口元にもっていってみました。ゆっくりとですがぺろぺろと舐めながら飲んでくれました。すごいなーって思いました。

ボタボタと落ちた血で前足が汚れています。マックスは頑張りました。危機脱出です。
f0057509_11122289.jpg

そして、夜にはもう、プリちゃんと並んで座っているマックスでありました。
f0057509_11124549.jpg

[PR]
by parumax | 2013-04-16 11:16 | ご長寿マックス | Comments(6)