<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

@うちの絵本の棚から ②きょうの一冊は、「ブーツをはいたネコ」

きょうは、猫さんが主人公のお話です。
ねずみさんが題材の本が意外と多いことは先月お話しましたが、猫さんはその比ではないほどたくさんあります。うちにもネコ本どっさりですが、きょうは、この一冊。

「シンデレラ」「眠れる森の美女」「赤ずきん」などでも知られるシャルル・ペローの童話集の中のひとつで「長靴をはいたネコ」です。

:::あらすじ:::
粉引き職人の息子3人に分けられた遺産は、粉引き小屋とロバとネコだけでした。末っ子にはネコを与えられましたが、一番役に立たないと言って悲しみました。でも、そのネコはかしこくて勇敢でした。若者からブーツとふくろを用意してもらうや、若者のために知恵と勇気をもって大活躍。若者をついには、王族にさせてしまうのでした。


このお話には、いろんなかたが絵をつけてますが、うちにあるのは、フレッド・マルチェリーという人が絵を担当したこちらのバージョンです。
f0057509_21582865.jpg
「ブーツ」と訳されているだけあって、大迫力の、三銃士のようなネコさんが、ドーン!!
めっちゃかわいいでしょ^^。表紙に一目ぼれして速攻で買った一冊です^^。
ご覧のとおり、表紙には、題名がありません。なので、余計迫力ありますよね。題名はというと、
f0057509_2214358.jpg
そうです。裏表紙にあります。表裏併せて一枚の絵になってるってわけです。ナイス~。
f0057509_2295392.jpg

このお話、あらすじにも書いたとおり、小さなネコが、貧しい若者を王族にまでさせてしまうという痛快大活劇ではあるのだけど、若者が、そのネコを大切にしていたかというとそうでもない。・・でも、もしかしたら、若者がネコに与えたブーツとふくろがべらぼうに高かったのかしら。それでネコが恩返しでもしたのかしらね。まじめに考えるとよくわからないお話でもあります(笑)。


  「ほんとにこんなネコさんいるの?」 プ                「いるわけないにゃり」 マ
f0057509_224767.jpg

中の絵も素晴らしいですよ!
[PR]
by parumax | 2008-02-28 22:56 | 絵本・児童書 | Comments(10)

先住猫&先住犬

おやおや。久しぶりですよ。パールとマックスだけって。
f0057509_1532076.jpg

ご心配なく。プリッツは、リビングのソファーで寝ております。
すぐに分け入ってくるから、さっさと撮らねば(笑)。
f0057509_1545273.jpg

もうちょっと近づいてみましょう。
マックスとパールは、いつもクールな距離を保ってますけど、結構わかりあっています。
f0057509_1554476.jpg

あ~ん。パルちゃん、かわいい~~。
f0057509_1575997.jpg

マックスも、かわいいおじいちゃんだねー。
f0057509_151235100.jpg

[PR]
by parumax | 2008-02-26 15:16 | パールとプリッツとマックス | Comments(12)

多摩動物公園

では、動物園の続き^^。

マレーバクのお母さんと赤ちゃん。赤ちゃんのお名前は、咲子ちゃん。親子でお昼寝中。
f0057509_16404079.jpg

サイです!これがまたやたらデカイ。背中におとな5人くらいは乗れそうです。こちらもお昼寝中。
f0057509_16432510.jpg

ニホンカモシカさんです。目が合っちゃいました^^。
f0057509_1649618.jpg
余談ですが、東北を走る特急「かもしか」の正面に書かれてる絵、‘かもしか’を知らずして書いたんでしょうかね。角が全然ちがいます。ある鉄道マニアが、その間違いを指摘したそうですが、いまだそのままだとか。どうして描き変えないのかなぁ。。


シフゾウさんたち、の~んびり休憩中。
f0057509_17292788.jpg

カンガルーがたも、ポカポカのお日さま浴びて、お昼寝中^^。
f0057509_17343251.jpg

狼です。でも、まるでわんこ。しかし、暖かいせいか、みんな寝てるばっかりだねえ(笑)。
f0057509_17423465.jpg

でもこちらの方は、ご高齢にもかかわらず、元気に砂浴びして生き生きしてました。
そうです。55才のアジア象の雄、アヌーラです。
f0057509_17503017.jpg

チンパンジー。左手に固まってますよ。岩の穴の中にフルーツジュースが入ってるそうで、それを枝を使って少しづつナメナメしてるところです。賢い賢い^^。
f0057509_21155144.jpg

誰もが知ってるシマウマですが、多摩動物園のシマウマは、グレビーシマウマと言って、シマウマの中でも大型種だそうです。
f0057509_21173866.jpg
それにしてもこの縞模様、ゲイジュツテキー。でもおなか側にはありません。
f0057509_21222928.jpg
すんばらしいこと!この臀部の年輪模様^^。
f0057509_21242978.jpg

シロオリックスです。なんてったって、角がいかしてます。
f0057509_21345513.jpg

ペリカン。撮ってー、と言わんばかりに目の前にやってきました。びっくり^^。
f0057509_2137516.jpg

アフリカゾウ舎です。象さんは、どこにいるかというと青丸の中^^。紫丸は、バオバブの樹のレプリカ。アフリカには、大きな象まですっぽり包み込む、こんな大きな樹があるんですね。すごい!
f0057509_2145520.jpg

ヒグマです。この子もかなり高齢ですけど、とてもよい毛並みでした。
ヒグマというと怖ろしいというイメージですが、この子はとても穏やかな印象でした。
f0057509_2157225.jpg

インコ。作り物みたいた色ですよね^^。
f0057509_2202663.jpg

写真撮ってないのですが、オランウータンのモリーに会うことも出来ました。
モリーは世界最高齢の56歳です。2005年に多摩にやってきました。それまでは上野動物園にいましたから、そちらで会ったかたも多いかと思います。そして、モリーは、個展をひらくほどの画家としても知られてるところです。すごいですね。
モリーの左目はもう見えません。横になって気持ちよく日向ぼっこしてるモリーに、「モリー」と声をかけたら、左手で器用に右のまぶたをあげて、こちらを見てくれました!感激!
モリーさん、うんとうんと長生きしてくださいね! またあなたに会いにきます。

動物園は、展示動物となりますから、ボラとかやってるとなんとなく気がめいる部分もありますが、動物園は、以前とは異なり、レクレーションなものに加え、野生動物の保護のための繁殖といった重要な部分を担うようになりましたから、その存在に、なんら異議はありません。むしろいろいろ動物のことを知る学べる貴重な場所ととらえています。

また、今でこそ、旭山動物園のように動物の生態にあった工夫をしていますが、多摩動物園は、開園時から、自然の中で動物の自然な形を見せるという国内初の形をとった動物園です。
f0057509_22254312.jpg
この環境の中であるからこそ、長生きする動物が多いともいえるでしょうか。

あれ?と思ったかたいるかもしれませんが、最初に書いた動物園記に載せてたユキヒョウの動画、削除しました。それは、あの時の彼女、また撮るの?といったかんじでしたから、やはりここで載せるのはフェアではないと思い消しちゃいました。

今、ユキヒョウの生息数は、人の生活圏の拡大や内戦、毛皮目当ての密漁などで、4000頭ほどと極めて少なくなっています。動物園が、希少動物の繁殖に取り組む目的のひとつは、野生復帰だそうです。ただ、ユキヒョウの場合は、生息地であるアフガニスタンやカザフスタンなど現地の態勢作りがまだまだのようです。
でも、動物園は、それが何年先であってもそれを目指し見据え、努力しているそうです。

多摩動物公園では個人であっても、申し込めば、ボランティアのガイドさんがついてくれます。
貴重なお話や説明をしてくれますので、是非、ご利用ください。
って、わたしは、多摩動物園の宣伝係か(笑)。
[PR]
by parumax | 2008-02-24 17:58 | わたし&家族 | Comments(4)

リクくん

そうそう、きのうの続きの前に、すごーく嬉しいことがあったので、きょうはその事を。

それは、おととい、パルプリと夕方のお散歩に行ったときのこと。
な、なんと、そこで、千葉ワン卒業のワンコさんと遭遇したのです!

いつものお散歩道ではじめて会うわんこさんがいると、ついつい声をかけてしまうわたしの習性については、すでにみなさまご存知かと思いますが(笑)、このときは、そのわんこの飼い主さんのほうから、「寄っていっても大丈夫ですか」と言いながら近づいてらっしぃました。わたしみたい(笑)。

こちらは願ってもないと思ったのですが、パールがその子に向かってなぜか早々に姐さんモード。しょうがないのでパールを後ろに隠し(笑)、プリッツだけ近づけながら、「男の子ですか。いくつですか。」って聞くと、まだ7ヶ月の元気な男の子であることが判明。

お名前を聞くと「リク」と。「漢字ですか」「あー、まあなんでもいいんです。この子は保護された子で、そこでの名前をそのまま使ってるので。」って。「保護団体ですか」「そうです。」「なんという?」「千葉ワンです」どっひゃ~~~(笑)。

リクくんは、まひろさん という預かりさんのところにいた子犬さんでした。

リクくんは、ワンコさん大好きだそうで大変なはしゃぎようです。怖いものナシ(笑)。
当然後ろに隠してたパールにも興味津々。

シッポフリフリでババーンときましたが、その後は、ははは、わかりますよね。
そう。ついにリクくんも犬社会の怖さを知ったのでした(笑)。
これからは少なくともパールには近づかないと思われます(笑)。

デジカメ持参してなかったので、とりあえず携帯で一枚ぱちり。
変顔全開のプリちゃんに、お顔を寄せてくリクくん^^。
f0057509_231111.jpg
リクくん、生後7ヶ月にしては大きかったですよ。プリッツくらいの大きさになるかもね。

リクくんのおうちは、パルプリのいつものお散歩コース圏内ぎりぎりのあたり。
いずれにしても、パルプリ家にいちば~ん近い千葉ワン卒業犬ってことね^^。
リクくん&ママさん、これからもどうぞよろしくお願いします!

「おそるべし千葉ワン網!」ははは。

[PR]
by parumax | 2008-02-23 23:39 | パルプリと散歩 | Comments(6)

最高のお散歩日和だったので、

きょうこそはと思い、ここに行ってきました! 
f0057509_2314722.jpg
よい子たちの大好きな多摩動物公園です^^。 (*ワンコ入場不可デス。・・って当たり前か。ははは。)

子供たちが小さい頃は、何度となく足を運びました。もう十何年ぶりになります。
f0057509_23164841.jpg
こちら、今年開園50周年だそうです。
年頭から毎日新聞で連載された「多摩動物公園の50年’」は、どれも興味深い記事ばかりでした。
きょうは、そこでとりあげられた動物達に真っ先に会ってきました。
55歳のアジア象のアヌーラ。
56歳のオランウータンで絵描きのモリー。
そして一番会いたかったのが、こちら。ユキヒョウです。
f0057509_23285211.jpg
この子は、ミユキさん。実に美しい子です。

続く~。
[PR]
by parumax | 2008-02-23 00:13 | わたし&家族

プリッツのプ

プリちゃんは、いささか受け口なため、時々変顔になります^^。   
f0057509_13224142.jpg

でも、お目目は、素敵なほうだと思います^^。
f0057509_13422032.jpg

そんなプリちゃんを、わたしは、
 ‘リティ・リンセス・りちゃん’ と呼んでます^^。
f0057509_13423283.jpg


「あたしは ‘変顔りちゃんププのプー だと思う~」 パール
f0057509_13502715.jpg

パールちゃんには聞いてませーん(笑)。

そういえば、わたしもこの間パールさんにばらされましたが、
わたしの目はちっこくて、しかも眼鏡使用ときております。いわゆるメガネ猿。
近頃ではしっかりと老眼も加わり、ますますやっかいなことになって、メガネも4種類。
f0057509_14432736.jpg
実に面倒ですが、シーンに応じて使い分けています。
境目ナシの遠近両用は、パソコンに向かうときや、新聞や本を読むときに。
一般生活用は、近視メガネ。1.0強くらいの視力となるので、家事やお散歩のとき。
運転専用も近視メガネ。1.5程で、かなりはっきり遠くまで見えますから、運転には最適。
そして、サングラス。陽射しの強い日の運転時はもちろん、サンルームで使用することも。
ま、こうやって使い分けることで、少なくとも目は疲れないわけです。

わんこの視力は0.3程度だそうですが、動体視力はかなりありそうです。
パールさんも来月で8才。そろそろ老眼鏡が必要といったなお年かしらねー(笑)。
f0057509_14591638.jpg

[PR]
by parumax | 2008-02-21 15:10 | パールとプリッツとマックス | Comments(8)

クリスマスローズ

f0057509_1218137.jpgVivant さん が、ブログで紹介されてた クリスマスローズ展 に行ってきました。

描かれた可憐なクリスマスローズ。
優しいタッチで、心やすまります。

クリスマスローズ、その名前も含め、前からとても気になってたお花でしたが、もちろん育てたこともなく、知識はゼロ。そんなわたしに、一緒に行ったクリスマスローズ好きな友人二人が、栽培方法も含め、いろいろと教えてくれました。
「いろんな色があるのよ。」 「花びらのように見えるのはね、実はガクなのよ」 などなどと^^。

なんだか、とっても興味が湧いてきました。いつかうちのお庭でも咲かせてみたいな。でも、貴婦人のようなクリスマスローズさん、ワンたちが好き放題してるうちの庭、お気に召すかしらねえ(笑)。

さて、Vivant さんのブログにもありますように、この展示は「ギャラリー&ガーデンカフェ・ヤスタケ」 で行われています。いやー、これが実に素敵なカフェなんです!
f0057509_13281894.jpg
八王子の街中にこんなおしゃれな蔦の絡まる建物&カフェがあったなんて、知らなかったな。
Vivant さんの奥さまがおっしゃるとおり、近くだったら、ほんと毎日行きたいかも!

名前にあるとおり、ガーデンもあり、クリスマスローズ等の販売もしてます。
f0057509_1329573.jpg
そして、こういうカフェには、ちゃんとマッチしたマスターがおられるもんですね^^。
とても紳士!気さく^^。写真撮ってもいいですか、と伺ったらどうぞどうぞって。
店内を撮った写真もお見せしたいですが、みなさん、行ってみての楽しみにしてください。
ほんとずーっといたくなる空間ですよ。

自家製ケーキセットいただきました。
友人と3人で3種類(チーズケーキ・チョコレートケーキ・プリン)を頼んでそれぞれ味見。
おばさんですよねー(笑)。
一番のオススメは、チーズケーキかな。サワークリームが乗っててさっぱりといただけます。

クリスマスローズ展は、3月4日までですが、以降も次々と展示があるようです。

帰りに、前から一度食べて見たいと思っていたこんな「もなか」買ってきました。
はい、その名は、「八王子城 もなか」! いやはや実に堂々した「もなか」です(笑)。
f0057509_14251048.jpg
八王子では、「松姫最中」がよく知られていますが、でもあったんですねー、こういうのも(笑)。
中味には、ぎっしりたっぷりの北海道産のお豆でつくった粒餡。ほどよい甘味。
国産小麦で作った皮。ぱりっ。言うことないおいしさじゃ~(笑)。八王子土産にいいかもねっ!

もうひとつは、桑の葉のパウダーを入れ込んだどら焼きです。
おかみさんの「桑の葉は、油を分解するんですよー」のセールストークにイチコロ(笑)。
でも、それは実感しませんでしたが(笑)、お味はこちらも言うことなしのおいしさでした!

もなかもどら焼きも和菓子屋「千松園」にてお求めいただけます^^。


はい。そしてこちらは、今朝のマックス&パルプり。 3匹で、「パルサンド」 作ってました^^。
f0057509_1461678.jpg

[PR]
by parumax | 2008-02-19 14:28 | わたし&家族 | Comments(10)

パルプリ、川を渡る! (その2)

なるべく浅く、なるべく川幅の狭いところをチョイスして、まずわたしが渡ることに。
浅いといってもやはり流れがあると足をとられそうになります。
それに川底は結構すべるのだ。川底を踏みしめ、ゆくりと一歩ずつ・・。

と同時に、横からプリさんも渡り始めました。
はじめはおそるおそる川の中に足をいれてましたが、途中からは思い切ったようで、
長い足を生かしてざばざばっと渡ってしまいました!やったね~プーちゃん^^!

なんとかわたしも渡りきって、残るはパールのみ。
見ると対岸のパールったら、ヘラヘラ顔(笑)。
「お母さんたち何やってるのー。早く戻ってくればー」 みたいな(笑)。

「パルちゃんも、早く渡っておいで~~~」
パルちゃん、きょとん(笑)。

「こっち来ないと一緒に帰れないよー。早く渡っておいで~~~」
パルちゃん、頭真っ白(笑)。

するとパルちゃん、ほんとに置いてかれちゃうと思ったのでしょうか、頑張ってみる~、
に気持ちを切り替えて、大慌てで、渡れそうな場所を探し始めました。

はてさて、パルちゃんは渡れるのでしょうか。
対岸を右に左にと、川幅が一番狭いところを探し始めるパルちゃん。
一番狭いところは水が深い。さて、どうするパルちゃん!

そうそう、こういう時こそ、動画動画^^、と、
わたしもカメラを大急ぎで取り出しはしたものの、

         

あはは~。肝心なところで終わってしまいました。
でもご安心を。パルちゃんは、渡りきりました~!

最後は、すごいジャンプで岸にあがったのですよ。かっこよかったです。
おなかまで濡れちゃったけど、渡ったあとのパルちゃんは、自分でも相当頑張ったようで、すっごく嬉しくってお鼻ふがふが、体はゴムまりみたいに弾んで、お顔はくっちゃくちゃ。
でもって、わたしから撫でまくられプリちゃんからはチュッチュされて大喜びでした^^。

帰り道で、パルさん以上に濡れてるノアール(通称ノアちゃん)に会いました。
f0057509_12161615.jpg
ノアちゃんは、パルプリとは大違いで、川遊びが大好き。
ノアちゃんのママもちゃんと長靴はいてます^^。
f0057509_12183667.jpg
水もしたたるいい女たちー(笑)。
f0057509_12195240.jpg

あーおもしろかった。
でも、、翌日、パルちゃんは、河原に行きたがらなかったのでした~(笑)。




[PR]
by parumax | 2008-02-14 12:22 | パルプリと散歩 | Comments(8)

千葉わんより * 緊急HELP!*

            
無事保護出来たそうです。
ご協力ありがとうございました。
 

   
 「ヘムヘム」を探しています!
f0057509_1112554.jpg

  *2月12日(火)のお昼過ぎ、
   神奈川県大和市下鶴間1-2-1 「ジャスコ大和鶴間店」 の駐車場から迷子になりました。
  *黄緑色の首輪を付け、赤い洋服(画像↑の洋服です)を着ています。

         【名前】 ヘムヘム
         【犬種】 雑種
         【性別】 オス
         【年令】 5ヶ月
         【体重】 10kg弱
         【毛色】 クリーム
         【特徴】 立ち耳

 *生後5ヶ月の子犬ですが、柴犬程度の大きさです。
 *2週間前にトライアルに入ったばかりで、まったく土地勘がありません。
 *大変臆病です。見かけましたらまずはご連絡をお願い致します。

f0057509_11353861.jpg

この寒空です。とても心配です。些細な情報でもかまいません。どうぞよろしくお願い致します。

[PR]
by parumax | 2008-02-13 11:39 | ちばわんからのお知らせ

パルプリ、川を渡る! (その1)

パルプリの河原でのお散歩風景です。

         

この河原は夏は背丈ほどの草で埋め尽くされるので、この時期限定のお散歩コースとなってます。しかも、車はもちろん、ウォーキングやジョギングする人もこないし、お散歩のワンコだって、めったに入ってこないですから、パルプリと鷹匠と野鳥たちは、そりゃもう喜んで行くってもんです♪

ここではのんびり伸び伸び自由に歩きまわって、ほんとシアワセなパルプリですが、自然そのままのところなので、実に足元が悪うございます。雪解けだと土はぐっちゃぐちゃ。小岩がごろごろ。パルプリにもラバーブーツ履かせたくなるよー、ってなくらいです(笑)。
わたしですか。もちろん、長靴履きです。

澄ママさんが、海側から岸を撮っていましたので、わたしは川の中から川を撮りました。
澄プリ姉妹は、‘水’で、つながっちょりますのよ(笑)。
f0057509_1493920.jpg
逆光で暗い写りになってしまいましたが、何だか、湖のようにも、大河のようにも見えて、おもしろい一枚になりました。これ、ほんとに川の中から撮ったんですよ。
と言ってもここ↓。川の堰の上のど真ん中。ここならとても浅いのでね。

横幅のある堰 だけど、ちょっと頑張って渡りきることにしました。
浅いとはいえ、すごくすべるので、慎重に慎重に歩かないといけません。

振り返るとパルプリもわたしに合わせてゆっくり後ろをついてきます。
思わず、ふふふっ^^。なんてかわいいんでしょ^^。    

パルちゃ~ん、水草の誘惑にのってはダメよ~(笑)。
f0057509_14303055.jpg
帰りは、手づくり橋 をわたって戻ればいいのですが、なんだか楽しい気分になってしまい、またまた川をわたって帰る事にしました。しかも、こんどは堰ではないところから。

なにもこんな寒い時期にと思われるかもしれませんが、冬は水がきれいだし、この日は前日に雪だったにもかかわらず、春っぽいポカポカ陽気でしたから。

でも、これまでに一度だって深さのある川には入れたこともないし、自分から入ったこともないパルプリです。さてさてちゃんと渡りきるかどうか。。いやいやそれよりも、流れのあるところに足を踏み込むかどうか。。でも今、浅い水の中を歩いたから、川の感触、少しはつかんだかも。

よし。ではでは思い切ってチャレンジだ~!

== つづく (笑) ==
           

[PR]
by parumax | 2008-02-12 17:07 | パルプリと散歩 | Comments(4)