「ほっ」と。キャンペーン

ゆりのお花の香りに包まれて

Dちゃんのママ、お花をありがとうございました。
f0057509_9114784.jpg
ゆりの花が入っていましたよ。パールは、ゆりのお花のいい香りに包まれています。

パールが亡くなって、8月5日で、はやもう49日。


  
~花のたましい~  
            金子みすゞ

  ちったお花の たましいは、
  みほとけさまの 花ぞのに、
  ひとつのこらず うまれるの。

  だってお花はやさしくて、
  おてんとさまが よぶときに、
  ぱっとひらいて、ほほえんで、
  ちょうちょにあまいみつをやり、
  人にゃにおいを みなくれて、
  風がおいでとよぶときに、
  やはりすなおに ついてゆき、

  なきがらさえも、ままごとの
  ごはんになってくれるから。


[PR]
# by parumax | 2016-08-02 09:23 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(2)

公園のハクモクレン

パールにと、引き続きお花をいただきました。
f0057509_1095581.jpg
Kさん、ありがとうございます。Mちゃんも、どうもありがとう。
パール、お花を見に来てると思います。

******************************

毎年それはそれはたくさんの大きな花を咲かせていた公園の大木のハクモクレン。
老齢だったのでしょうか。今年はあの真っ白なお花を咲かせることができませんでした。
そして、緑の葉っぱもつけることなく、パルちゃんが亡くなる数日前に、お空にかえりました。
f0057509_10252031.jpg
パルちゃん、お空で、なじみの大きなハクモクレンさんに会えましたか。。
[PR]
# by parumax | 2016-07-19 10:51 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(4)

パールがうちに来た頃の写真

パルちゃんを譲渡していただいたときのファイルを見ていたら、中から写真が何枚か出てきました。
当時(2003年)、うちにはまだデジカメがなく、出てきた写真もフィルムカメラで撮ったものでした。


emoticon-0134-bear.gif
やや緊張気味のパルちゃんが写っています。
そりゃそうよね。うちに来るまで、人にちゃんと飼われたことがなかったんだものね。
f0057509_19394488.jpg
今見てびっくりなんだけど、わたしもわたしでパルちゃんを鎖でつないでるわね。
まったくもう信じられないわ。ははは。

パールちゃんは3才くらいでうちにきました。
まだまだお子様でしたから、ボールやピーピーおもちゃが大好きで、よく噛んでは壊してました。
でも、ほかの何かを壊したりいたずらしたりってことは一度もなく、ほんとに賢くていい子でした。
f0057509_19465388.jpg
(うちの庭、13年前はこんなかんじでした↑。今とはだいぶ違いますね。)

「ソレナーニ?」 「ナニシテルノ?」 等々、パールちゃんは、いろんな事を不思議がりました。
そしてそのたびごとにお首をかしげました^^。
その姿がほんとにかわいらしくてしかたありませんでした。
f0057509_2085591.jpg
かわいらしいその姿でパルちゃんは逆にわたしに教えてくれました。
鎖で犬をつなぐなんておかしいよ。家族なのにって。そうねそうね。ほんとにそうね。


emoticon-0134-bear.gif
マックスはくつろいでますが、横のパルちゃんは、渋い顔してますね^^。
f0057509_20251818.jpg
パルちゃんは、来たその日にかよさんにマックスを追いかけてはいけないと教えられました。
それでしぶしぶ顔なのかな^^。「しょうがない。お兄ちゃんということしてあげよう。」なんてね。


emoticon-0134-bear.gif
お散歩は、来た当初は、怖いなあ、といった感じの歩き方でした。
それで、一緒に歩きながら、わたしは「さんぽ」を歌いました。
f0057509_2055564.jpg
そんなわたしを見て、パルちゃん、首を傾げてました。そりゃそうだわね。はは。
でも、効果は大でした。お散歩タイムが待ち遠しいパルちゃんに変わっちゃったのですから^^。

あー、ほんとに懐かしいことばかりです。
[PR]
# by parumax | 2016-07-16 21:10 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(4)

せせらぎ緑道

パルちゃんロスのプリちゃんを連れて、せせらぎ緑道を歩きました。
実家の近くですが、ワンもわたしもはじめて歩く道です。
f0057509_1055660.jpg

なので、いうならば、プリちゃんとつくる新しい思い出づくりの第一歩、といったかんじかな。
f0057509_10561643.jpg

とても静かな小道です。その名の通り、小川が沿うように流れています。
f0057509_10584567.jpg

おうちも並んでいます。
f0057509_1125957.jpg

ずんずんと歩いて行くと、終着点に。
f0057509_1174617.jpg

着いてびっくり。あらまあってかんじでした。先に見えてるところ、わかりますか。
f0057509_1184110.jpg
そうです。長池公園です。
f0057509_11213535.jpg
なんだか笑っちゃいますよね。プリちゃんと初めての道を歩いたはいいけれど、
終点が、パールちゃんとの思い出のある場所だったなんてね。
f0057509_11231612.jpg
ごめんねぇプリちゃん。お母さんはやっぱりつめが甘いね。
でもね、思うわ。やっぱりプリちゃんとお母さんは、パルちゃんとぎゅっとつながってるんだなって。
f0057509_11244082.jpg

ちなみに、そのパルちゃんとの思い出の記事「長池公園」は、こちらでご覧いただけます。
[PR]
# by parumax | 2016-07-13 11:38 | プリッツ | Comments(0)

パールちゃんのおかげ

友人たちが、わたしがペットロス症候群に陥ってはいないかと、気にかけてやってきます。
でも大丈夫。気が落ち込んだり、滅入ったりはしていません。

でも、寝つきはいいのにいまだに2時間ごとに目が覚めますし、ご飯を作ってもなんだか味付けが変ですし、他にもねえ・・、やっぱりまだちょっとぼんやりしてるのかな。

最近こんなことをやってます。声に出して言うんです。
「パルちゃんはわたしのファーストペンギン!ありがとうパールちゃ~~ん。バンザーイ!」とね。

意味不明ですよね。ハハ。
でもそう言うと、なぜだか、ちょっとシャキッとするんです。不思議ー。
人のいない所で言ってるから、今のところ、変なおばちゃんとは誰にも思われてませんよ。はい^^。


***************************

パールちゃんをお世話したおかげかな、といったことがあります。

emoticon-0155-flower.gifひとつめのおかげかなは、自分で自分の髪が切れるって事がわかったこと^^。

パールちゃんのことを心配しながら美容室に行ってるよりは・・、と思ったわけです。とはいえ、自分で髪をカットするというのは初めてのことでしたから、わたしとしては大いなるチャレンジでした。

伸ばそうとは思わなかったです。
パルちゃんのお世話を続けるには手間のかからない短かい髪でいるのが一番と思いましたから。

でも、その気になれば出来るもんですね。自分でもびっくりなくらいうまくいきました。
ワン友さんやおとーさんからも普通にいいかんじで切れてる!って^^。
これはもうほんとパールちゃんのおかげって思います^^。ありがとうねパールちゃん。


emoticon-0155-flower.gifもうひとつのおかげかなは、家の中の安全確保に力をいれることができたこと。

東日本大震災以降、非常時の備えをしなければとは思いましたが、非常持ち出し袋に最低限のものを詰めることやわんたちのソフトクレートなどを準備することぐらいで終わっていました。

その事をあらためて考えることになったのは、先だっての熊本地震でした。
避難所で、あるご家族がインタビューを受けていました。ご家族のおとうさんはガンの手術をうけ退院したばかり。家の倒壊はなかったので、ほんとは家でやすませたいのだけど、物の散乱度がひどく、毎日家に通っては片付けてはいるもののまだまだで、とても寝かせておける状態ではないため、やむなく避難所にいる、と話されていました。

そうかって思いました。家は大丈夫でも戻れる状態でないと戻りたくても戻れない。そういうこともあるんだなと。パールちゃんは人間ではないから、いくら寝たきりでもやむなく避難所内でということすらできないわけです。だから、たとえそうなったとしても、とにかくできるだけ早く戻ることができるよう日ごろから物が散乱しない生活を心掛けないといけないなと。即刻とりかかりました。

まず、一番気になっていた古くて背の高い食器棚を処分。新しい棚は購入せず、背の低い引き戸の書棚を使う事に。食器も使うものだけを入れました。これで、たとえ倒れて散乱しても、片付けは比較的楽だろうと思える感じになりました。&とても使いやすくスッキリとしました^^。

ハッピーちゃんのお母さんが来てくださった時は、その片づけの真っ只中でしたので、とっちらかってましたが、いろんな物を見直し、いろいろと減らしましたので、お父さんの部屋をのぞけば、どの部屋もだいぶ軽くなったように思います。

(ちょっと愚痴。)
お父さんの部屋はね、物であふれかえっています。怖いといったらありません。早くなんとかしていただきたいものだわ。


わたしとしては、ミニマムな暮らしに憧れていましたので、まだまだそうとはいきませんが、ひとまずはいいきっかけになりました。家具の移動などもあってちょっと大変でしたが、取りくめてほんと良かったなと思います。気分も軽くなりましたしね^^。

それもこれもパールちゃんのおかげだわね。ありがとうねパールちゃん。
お母さんはまだもう少し片づけを続けます。お空から見ててね。
f0057509_16393967.jpg

[PR]
# by parumax | 2016-07-05 17:03 | わたし&家族 | Comments(2)

プリちゃんは・・。

プリちゃんは、毎晩お骨番をしています。
f0057509_21382775.jpg
単にその場所が涼しいからかもしれませんが。。


でも、振り返ってみると・・・、
パルちゃんの亡くなる数日前から、
プリちゃんはパルちゃんの傍にいることが多かったように思います。


こちらは、パルちゃんが亡くなる二日前の写真。
f0057509_21455274.jpg


そしてこちらは、前日。
f0057509_2148108.jpg


そして、パルちゃんが亡くなってすぐのプリちゃんです。
はじめはわたしを覗き込んでばかりでした。
f0057509_21545618.jpg
でもいつもの場所にパルちゃんをおいてあげると、
いつものように傍でごろりと横になり、パルちゃんのほうをこんなかんじで見てました。
f0057509_2158349.jpg

翌日、

荼毘に伏す日は雨の予報でしたので、結局お留守番させることとし、玄関でさよならをさせました。
今思うと連れて行くべきだったかなって思います。ごめんねプリちゃん。
玄関を閉める時プリちゃん泣いてたんです。



パールちゃん帰ってきたよ、と言って、これがパルちゃんだと教えると少しわかったのか、
今は、パールちゃに、おはようーなどとわたしが言うと、
プリちゃんもパルちゃんのお骨のところにやってきて、お鼻でツンツンツンってやってます。

おなかが数日ゆるくなりましたが、いまはもうだいぶよくなりました。
f0057509_2351113.jpg

元々、物音には敏感なプリちゃんでしたが、以降、更に敏感になってます。
ちょっとした音に戸惑い、何気にわたしの傍にやってきたり・・、とかってことが増えてます。


パルちゃんと一緒ではないお散歩については、パルちゃんが少し弱ってきたころから練習してましたから、お天気さえよければ喜んで行き、知ってる方を見つけてはやたら甘えています。
f0057509_23927100.jpg


そして、きょうのプリちゃんです。 パルちゃんが亡くなって、明日で10日目となります。
f0057509_23154647.jpg

[PR]
# by parumax | 2016-06-28 23:33 | パールとプリッツ | Comments(2)

しとやかで、柔らかなパールでした。

たくさんのお花につつまれて、パルちゃん幸せね。なんだかお花やさんのわんこのようよ^^。
f0057509_1347491.jpg
お花にはメッセージカードも入っていたわね。温かなメッセージ。嬉しかったわね。胸に刻もうね。
f0057509_1349293.jpg
名前入り写真つきオルゴールには、とっても驚いてしまいました。
こんなにまで思ってもらえるなんて、パルちゃんほんとに幸せ者ね。いっぱい感謝しなきゃね。

みなさま、ほんとにいちわんこに、ありがとうございました。

************************

荼毘に付した日の事。

その時刻のお天気の予報は、強い雨と風そしてひょうも降るかもしれないというものでした。
おぉぉ、パルちゃん、お姐さんのエネルギーでもって鳴り物入りでいくのかしら。そう思いました。

でも違ってました。お空は曇っていました。風も静かでした。暑くもなく寒くもなく。。
平日で、境内もひっそりとしていました。

パールはお天気のこともわかっていたのかしら。
お花につつまれて、しとやかに、そして静かに、お空に帰っていきました。
f0057509_14251960.jpg

パールの体は最後まで柔らかで、硬直がほとんどありませんでした。
見送ってくれたうーちゃんのママもなんでなんで?と不思議がるほどでした。
手足は特に柔らかで、うーちゃんにバイバイができたほどでした。
係りのかたにうかがったら、そういう子もたまにいるとのことでした。

でも、体の柔らかさとはうってかわり、お骨はとても立派なものでした。
手足のお骨もしっかりとしていましたし、犬歯もすばらしかったし、奥歯まできれいに残っていました。歯石だけが真っ黒でぽろぽろっと落ちました。シッポの先まできれいに並べていただきました。
f0057509_1818891.jpg
おばあちゃんとは思えないほどきれいなお骨ですよと係りのかたに言われ嬉しく思いました。マックスの時もそうでしたから、うちの子たちは骨が丈夫なのかも。なんてふうに思ってしまいました。
立派なお骨をお父さんと一緒に骨壺に納めました。帰途につくころ、雨がポツリと落ちてきました。


パールは心の強い子だったけれど、柔らかな心も持ち合せていました。
この日、パールはあらためてそのことをわたしの心に刻んでくれたように思います。
ほんとうに、心にしみいる、別れの日でした。
[PR]
# by parumax | 2016-06-25 15:13 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(2)

パールのお友達、うーちゃんの言葉

ブログにたくさんのメッセージをありがとうございます。
まだ少しぼっーっとしてるので、少しずつお返事させてください。

たくさんのお花もありがとうございました。
パールお花に囲まれています。
f0057509_1344670.jpg
ふと気づきました。写真を飾ってないことに。おバカですねわたし。
かわいい写真は山ほどあるというのに、これまで一度も額に入れたりして飾ったことがないのです。
パルちゃんあきれてるかな。ははは。今からやんなきゃね。
だけど、パルちゃんいつもモデルさんみたいだったから、どの一枚にしようか悩んでしまいそう。
それに、飾ると遺影ってことになるのよね。何だかちょっと気が重いな。。
でも、頑張って決めなきゃだ。

*****************************


パールが亡くなった日に、
聞きつけた近くのお散歩友だちさんたちが、かけつけてくれました。
ほんとに嬉しかったです。ありがとうございました。

姫ちゃんとププちゃんのお母さんが、お庭のお花をもってきてくださいました。
姫ちゃんのお母さんがくださったのは、パールが最後に公園に行った日に見たキンシバイのお花でした。たくさん蕾がついていました。それが翌朝には満開で、ほんとびっくりでした。
f0057509_14152562.jpg
姫ちゃんとププちゃんのお母さん、優しいお気持ちをどうもありがとうございました。
サラちゃんのママ、ポポちゃんのママ、そして近くの預りさんだったSさんもきてくださり、ほんとに嬉しかったです。綺麗なお花をありがとうございました。

パールの一番小さなお友達、うーちゃんもお花と自筆の絵とお手紙を持って来てくれました。
パール、うーちゃんの絵を見ています。
f0057509_15114410.jpg

お手紙にはこう書いてありました。「パールちゃん ながいきしてありがとう。」 って。
f0057509_14252963.jpg
涙がこぼれそうになりました。うーちゃんも涙をぐっとこらえていました。
どうもありがとうねうーちゃん。
お友達のうーちゃんにそう言ってもらえて、パールうんと喜んでると思うわ。

うーちゃんにいろいろ質問されました。「いつ羽がはえるの?」「うーん。明日かな。。」
「その時に魂がでちゃうの?」
4歳児のうーちゃんには不思議で、そして初めてのものすごく寂しい別れ。

翌日、たまたま幼稚園がお休みだったうーちゃんは、パールを見送ってくれました。
骨になっちゃいやだとお母さんに言ったそうです。体がないと魂の戻るところがないからって。

おうちでもウルウルしてたそうで、思いきり泣けばとお母さんにいわれ、ひとり廊下にでて声を上げて泣いてたそうです。パールのことそんなに思ってくれてほんとにありがとう。
パールの体はなくなったけれど、こんどまたうんときれいな体で生れてくるから心配しないでね。

今朝、プリちゃんとお散歩にでたら、幼稚園バスを待ってるうーちゃんがいました。
そしてわたしにこう声をかけてくれました。
「パルちゃんのママ、寂しかったら遊びに来てね。」って。

素敵なお友達をたくさんわたしに残してくれたパール。
ありがとうねパール。
パールの一番小さなお友達は、今朝からはわたしの一番小さなお友達になりましたよ。
f0057509_15293636.jpg

[PR]
# by parumax | 2016-06-22 15:17 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(2)

パール亡くなりました。

丁寧に年をとり、きれいにきれいに命を使い切り、今朝がた亡くなりました。
f0057509_11411981.jpg


なんだか薄目開けてますね。そしてちょっとにんまりしてる。
f0057509_11435039.jpg


亡くなった直後↓。
お目目ぱっちりだよ。まだ生きてるんとちゃう?と何度も心臓に手を当ててしまいました。
f0057509_14361918.jpg

頑張ったねパルちゃん。誇り高き犬生だったね。
また会おうね。


パールに出会わせてくださったかよさん吉田さん、ほんとにほんとにありがとうございました。
パールは最後の最期までほんと賢くていい子でした。

そして、パールを可愛がってくださったみなさま、応援してくださったみなさま、
みなさまのおかげでパールの犬生は楽しいものとなりました。
長い間ほんとうにありがとうございました。


明日の夕刻、荼毘に付します。

わたしはなんだかぼーっとしながらも、体は普通に動き元気です。
だけど、きっとしばらくは、ぼーっとしてると思います。
それから、やたら写真ばかり撮って、バカみたくなってます。でも大丈夫です。元気ですから。
[PR]
# by parumax | 2016-06-19 12:32 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(50)

パールさんの寝姿勢いろいろ

このところ、お薬をもらいに行くたび毎に先生がおっしゃることは、「床ずれさせないように!」。
そのことを何度もおっしゃいます。

パールさんは体重も減り、筋力もなくなってます。寝返りはもうどうやっても自分ではうてません。
先生がおっしゃるように、気を配る必要があります。

これまでは、寝返りしたいですーと手足をばたつかせる合図に合せて行ってきました。
でも、犬の場合、短時間で床ずれになり、またなってしまうと重症化しやすいとなると、合図に合せて・・、なーんて悠長なことはもう言っていられないわけです。

排泄や食事の際はもちろんですが、2時間ごとくらいでの体位変換を心掛けています。
夜中が厳しいです。わたしも寝こけてしまうことがあるわけです。
そうするとパルさん、泣くというか吠えるというか、必死になってわたしを起こしにかかるのです。

ほんまに賢くて困っちゃうわ。ははは。

▼普通に横になってるパールさん
f0057509_15194926.jpg


▼支えがないとゴロッと横に倒れてしまうので、ソファー横のここはとてもいい場所となってます。
f0057509_15433557.jpg


▼こんなんできつくないのかしら、って思いますが、パールさんは気に入ってるようです。
f0057509_1547561.jpg
きつくないのかしらバージョンはいくつかあります^^。
f0057509_15475152.jpg


▼これはまあ普通かしらね^^。
f0057509_15532321.jpg


f0057509_1603332.jpgemoticon-0162-coffee.gif
このあいだ、あーちゃんたちが来た時の事。

あーちゃん1号が、
「ママとパールちゃん、同じ格好で寝てるよ」というので、見てみましたら・・、

ごらんのとおりのそっくり寝^^。

まあ、この一人と一匹は、一応姉妹なので、
似た格好になってもおかしくはないのですがね。
プププ^^。
[PR]
# by parumax | 2016-06-09 16:08 | パルちゃんはガンバルのだ | Comments(2)