人気ブログランキング |

飼い犬に免許制導入

きょう付の毎日新聞に載ってた記事です。

trend:スイス 飼い犬に免許制導入

 大型犬が列車やバスに乗り込み、飲食店で足元にうずくまる。そんな光景が、スイスでは珍しくない。厳しいしつけのたまものだが、そこまでしない場合でも、昨年9月から、すべての犬と飼い主に法律で講習と訓練が義務づけられた。規制の厳しさは欧州一だ。

 昔から毎年、1匹ごとに税金もかかる(自治体ごとに異なり、ジュネーブ市では1匹目約7000円、2匹目約9300円、3匹目約1万3300円)。出入国には犬のパスポートが要る(約2600円)。犬も人間並みの社会的責任を負わされて暮らしてきたが、加えて08年9月から、新たに飼う犬には免許制が導入された。

 きっかけは05年末、チューリヒ州で起きた事故。6歳の男児が登校途中、3匹のピットブル犬にかまれて死亡した。その後も幼児が襲われる事件が続き、規制強化の世論に押されて、連邦政府は免許制の導入に踏み切った。講習と訓練もこの時、義務化に向けて2年間の試行期間が始まった。

 講習は、初めて犬を飼う人が、犬を手に入れる前に2時間半受ける(約6000円)。内容は、しつけの大変さ、税金以外にかかる経費、例えば犬の体に埋め込んで飼い主を識別できるようにする番号登録の電子チップ(約7600円)や毎年の予防注射(狂犬病用約6700円、その他約8000円)などの講義だ。ジュネーブ州で訓練学校を経営するマルティネさんによると「話を聞いただけで飼うのをあきらめる人も多い」という。

 犬を手に入れたら、1年以内に飼い主自身が計4回・各1時間、犬を連れてしつけの実技訓練を受ける(費用計約7000円)。全課程を修了したら、免許取得の証明書がもらえる。試験は特にない。無免許で犬を飼うと罰金(約1万7300円)だ。

 訓練を見学した。わがままな犬がいると、訓練士が飼い主に「今朝、散歩しましたか。言うことを聞かない場合は、あなたのせいですよ」とユーモア交じりに注意する。訓練士のグリッセンさんは「本当に教育するには4時間じゃ話にならないよ」と肩をすくめるが、免許制の導入後、来校者数は3倍に増えたという。ただし、街で散歩する犬のフンを始末しない飼い主は意外に多く、「犬税」は毎朝の街路清浄費に使われる。あれこれ高コストの義務を負っているのに、マナーは今ひとつというちぐはぐな面も見える。

(他の犬に出会っても落ち着いてすれ違えるのはしつけの基本)
ジュネーブ郊外で伊藤撮
f0057509_2242756.jpg
【ジュネーブ伊藤智永】


「どうこれ。いいと思わない?」と息子に言うと、
「そうだねえ・・、いいかもしれないけど、そうなるとお金持ちしか飼えなくなるんじゃないの?」
「超お金持ちでなくても、普通に生活できてるおうち、たとえば、うちみたいなら節約すれば十分飼えると思うわよ。」
「でもさ、たとえば不況でリストラされた家庭があったとするじゃない、犬の税金なんて払えない。でもその家には犬だけが友達という子供がいる。その子から犬をとりあげること出来る?」
「そうなったらしょうがないよ。犬が病気になって病院にも連れていけないんじゃ犬だってかわいそうじゃないの。」
「そうかなあ。それでいいんだろうかあ。。」

息子とわたし、話がどこか食い違ってますね(笑)。
でもいいのです。だって、‘犬も大切な家族’ この気持ちでは同じなのですから^^。

さて、みなさまはこの記事を読んでどう思われたでしょうか。
家庭内論議もどうぞ^^。
by parumax | 2011-01-10 18:27 | いきもの | Comments(4)
Commented by カプアンパパ at 2011-01-11 00:42 x
シェルターの運営など、殺処分回避のために使われるなら犬税の導入には賛成ですが、昨年暮れ朝日新聞に載っていた記事によりますと、スイスのお隣のオーストリアも昨夏、大型犬飼育が免許制になりました。取得のために難しい試験があるそうで、その結果、捨て犬が急増したそうです。ドイツと同じくオーストリアも殺処分の無い国ですが、シェルターが定員オーバーなんだそうです。
息子さんの意見もごもっともだと思います。簡単に答の出ない問題ですねえ。
Commented by ももクリママ at 2011-01-12 13:30 x
頭数が増えるほど税金も高くなるんですね。はりゃま~、出費多大な我家。
でも考えてみたら、それくらい払えないなら、動物は飼うなってことでもありますよね。
みょ~に納得いたしました。
私はペット税や飼い主教育には大賛成です。でも
ペットに税金を取り入れると、たぶん日本でも捨て犬が一気に増える気がします。
それと、息子さんがおっしゃるように、生活に余裕はないけれど、精一杯の愛情を注いでいるような方もいるわけで、年金暮らしの高齢者とか
(いつかは我が身)、そのような方までが手放さなければならないような
ことになるのは、気の毒な気がするし、難しい問題ですよねぇ~。
Commented by parumax at 2011-01-12 15:44
カプアンパパさん、こんにちは。
スイスの場合、これから新たに犬を手に入れる場合についてとあります。多少費用はかかるものの、決まりきった講習を受け、手に入れてからは4時間の実技訓練を受けるだけで、試験はありません。ちばわんファイルに実技訓練がプラスされたようなものなら、犬を捨てるといった状況は減ってくるのではないかしら。結構よいやり方だとわたしは思うのですが。。
税金については難しいですね。息子がいうように、お金ではかたづけられないことたくさんあるだろうし。。
Commented by parumax at 2011-01-12 17:31
♪ももくりままさん、こんにちは。
そうですよね。今の日本でいぬ税導入したら、行き場のなくなるわんこ増えるかもしれませんよね。そして新たに手に入れた人は、税逃れに犬登録しないなんてことまでおこりそうだし。
ほんとに難しい問題よねえ。。


<< お薬をもらいに行ってきました。 山根一仁さん >>