2013年 春の旅 ②山梨 芸術の森公園と県立美術館

一度は行きたいと思っていた山梨県立美術館。
ここは、ミレーの美術館といわれるほどで、そのコレクションにはかなりの気合が入っています。
f0057509_14483197.jpg
ゆっくりじっくり鑑賞したいと思い、まずは先に、わんこたちと美術館のある芸術の森公園をお散歩。


ここはとても広く、バラ園や日本庭園も有しています。どの樹木も美しく手入れされ、それらと、ところどころに置かれた彫刻が素敵にマッチしていて、心をぱーっと明るくしてくれる、そんな公園です。
f0057509_14564712.jpg


面白かったのはプリちゃんです。何気にこちらの彫刻に近づいたときのこと。
f0057509_21181335.jpg
突然プリちゃんが彫刻を見上げてうなりだしました。
そう。プリちゃんは彫刻をデッカイヒトと勘違い。ビビッてうなっていたのでした(笑)。
f0057509_2129111.jpg

        「はぁ~、びっくりした。」 な、プリちゃん。ププッ^^。
f0057509_2147985.jpg


「プリちゃん、おバカねえ~。」 と、パールちゃん^^。
f0057509_2148171.jpg


と、楽しそうな2匹でありました^^。
f0057509_21551775.jpg


園内の桜は満開♪
f0057509_21565836.jpg


美術館の真向かいには「県立文学館」。
f0057509_21594723.jpg


       園内をたっぷり歩いて、パルさんもプリさんも満足気^^。
f0057509_2222295.jpg
ってことで、こんどは車での待機を 二人に 二匹にお願いし、わたしたちは美術館へ。


「種を蒔く人」や「落穂ひろい」など、ミレーの作品がずらりと並ぶ圧巻の常設展示室。
それらの作品の解説文が非常にわかりやすいこともあって、どの作品にも感動を覚えました。
ほんと、「山梨に行ったら、ミレーを見れー」 デアリマス^^。

ミレー以外のバルビゾン派の画家たちの絵画も充実していて素晴らしかったです。
また、山梨出身の木版画家・萩原英雄コレクションもあり、これがまたとてもよかったです。
その他、日本の近代現代の美術作品も多数ありました。

充実したとてもいい美術館だなぁーと思いました。
また行ってみたいです!

印象に残った絵画の絵葉書を二枚購入しました。
ひとつは、ミレーの《古い塀》。
もうひとつは、ヨハン・バルトルト・ヨンキントの《ドルドレヒトの月明り》。


パルちゃんもプリちゃんも、車でおりこうさんで待っててくれました。
ほんとにいい子たち。ありがとね。

ではでは、お宿に向かって出発ー♪

③へ続く。
[PR]
by parumax | 2013-04-05 15:09 | パルプリといっしょの旅 | Comments(2)
Commented by カプアンパパ at 2013-04-10 22:54 x
春の旅行もいいですね♪
母の実家が山梨(韮崎)なので、赤ん坊の頃から中学前くらいまで、毎年、山梨に出かけてましたが、山梨県民には悪いのですが文化的な施設は何も無い県だと思ってました(汗)、今回ご紹介の場所はどれも知りませんでした。祖父母が他界したので、山梨にはあまり訪れなくなってました。
釈迦堂遺跡博物館も山梨県立美術館も1980年前後に造られたそうですね。長く訪れない間にずいぶん山梨は変わったと思います。中央道も私が大人になってから開通したことを知りました。どうりで昔の印象と違います。東京から遠くないのだからちょっと遊びに行きたくなりました。
Commented by parumax at 2013-04-12 10:45
カプアンパパさま、こんにちは^^。
春はまだ寒いからとこれまではたいがい伊豆方面だったのですが、今年は暖かだったこともあり、こちらとしました。夏だとどうしてもアウトドア的な楽しみ方になってしまいますが、こういう時期こそと箱もの見学を組み合わせてみました。ほんととっても良かったですよ美術館。
もしかしたら、あの大物政治家さんの力でもって山梨は変わったのかもしれませんね。
まあいづれにしても、訪れてみたくなる山梨になったことはよかったですよね。道路も、とてもきれいだし、また遊びに行かれてみてください^^。


<< 2013年 春の旅 ③早春の原村 2013年 春の旅 ①お花見お花見 >>